弥谷鷹仁の顔画像とFacebook 不満たまり妻を殺害、母親と2人で穴を掘り遺体を埋める

出典;JNNニュース

銀行員の男が母親と一緒に妻とみられる遺体を埋めた事件。

逮捕された男は「不満がたまり妻の首を絞めた」と供述をしているそうです。

夫婦、そして親子の間に何があったのでしょうか。

スポンサーリンク



事件の概要

弥谷容疑者は今年3月、妻の麻衣子さんがけんかをした後、行方不明になったとして警察に届け出ていました。
インターネット上には麻衣子さんの捜索を呼びかけるこんな投稿も・・・
「東京の経済を支える仕事は、大変やりがいがあります」(勤務先の銀行のホームページより)
 勤務先の銀行のホームページで紹介されていた弥谷容疑者。仕事に意欲的だったことがうかがえます。
一方で、夫婦仲はどうだったのでしょうか。かつて2人と一緒に働いていた人は・・・
「子育てで夫婦間のずれがあったという印象。ワンオペ育児(妻だけの育児)になっている印象です」(2人の元同僚)
「夫婦間の不満がたまり、妻の首を絞めて殺害した」
取り調べに、このような趣旨の供述をし、麻衣子さん殺害についても認めているといいます。一方、母親の恵美容疑者は、どんな人物だったのでしょうか。
「お母さん(恵美容疑者)が厳しいみたいで、マザコンじゃないけど、結構、過保護みたいな」(弥谷容疑者の弟の同級生)
 子どもを思うあまり犯行に手を貸したのでしょうか。この家に、夫ら3人と暮らしていた恵美容疑者。同居する家族にばれないよう遺体を敷地の裏側に弥谷容疑者とともに夕方から夜にかけてスコップを使って穴を堀り、手作業で埋めたと見られています。取り調べに対し、2人とも死体を埋めたことについては認めているということです。
どこの夫婦も、多かれすくなかれ不満はあると思います。
しかし、だからと言って殺そうとは思いませんよね。
もう少しお互いの不満を、夫婦向き合って話し合うことが必要だったのかもしれません。

スポンサーリンク



弥谷鷹仁の顔画像とFacebookは?

弥谷鷹仁の顔画像はニュースで公開されていました。

出典;JNNニュース

出典;JNNニュース

真面目そうな(?)ごく普通の男性に見えます。

弥谷鷹仁容疑者のFacebookアカウントも調べてみましたが、本人のものと特定することはで

きませんでした。

気になる方はこちらで確認してみてください。

妻殺害に至った理由

弥谷鷹仁容疑者は「夫婦間の不満がたまり、妻の首を絞めて殺害した」と供述をしているよう

ですが、具体的にどのような不満を抱えていたのでしょうか。

妻の麻衣子さんのフェイスブックには・・・

「今日娘を連れてお出掛けしましたが、泣くわ暴れるわ。泣きながら帰ってきました」
「保育園必死で探してる隣で旦那はお酒飲んで気持ちよく寝ててまたイライラ!」
このような子育てのトラブルが原因のと言われていますが、実際は他にも母親の過干渉とか、仕事のストレスとか、色々あったのかもしれませんね。
でも、それは、家庭を持ち、社会で働く人誰もが抱えていることだと思います。
最終的には夫婦の事は夫婦にしかわからないですよね。

事件の現場

事件は茨城県取手市ということなので、場所はこちらになります。

銀行のホームページで顔だしもしているので、おのずと取手市のどの銀行かもわかってしまうと思われます。

 

出典;JNNニュース

立派そうなお宅に見えますよね。

こんな大きな家に住み、夫は銀行マンで、子供にも恵まれ、・・とはた目には幸せそうに見え

る家族だと思いますが、残念ですね。

ネットの反応

男性は子供が欲しいと言うけどいざ産まれると知らん顔が多い。。。それが現実です。

いや、不満が溜まってたからって、人を殺すんですか?もっと違う理由がありそう。

奥さんの悩みは、子供が幼い時は誰もが苦しむ内容。
もし、それが夫婦間のトラブルの内容なら父親になってない旦那が悪い。
2人の子供なんだから2人で育児しないとそれが殺害までいくなんて奥さんが可哀想で仕方ない。

育児ノイローゼの妻。育児を手伝わない夫。イライラが爆発した妻に逆ギレして首絞め。
大好きな母親に相談。可愛い息子が刑務所なんて信じられない。一緒に埋めよう。終わり。

え?コレ読むと不満たまってたのは奥様では?なぜ育児に協力しない旦那が奥様を…
ウチもワンオペ。私だけの子じゃ無い。2人の子なのに…土日のお風呂位入れて欲しい
結婚10年。不満なんて沢山ある

Yahooニュースより引用

好きで結婚してもやはり結婚生活をしてゆくと不満は出てきて当然です。

昔と違って現代は子育ては夫婦二人で協力しあってするものだと思います。

そこで出る意見の食い違いは、ため込まず、とにかく話し合いましょう。

そしてこのような悲しい事件が今後起こらない事を願いたいですね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする