知ってる?すごく便利なお酢のパワー

暑い日が続いていますね。この季節は食材も傷みやすいので注意が必要です。

そこで食材を簡単に傷みにくくする方法をご紹介します。

スポンサーリンク



酢のパワー

出典;ミツハシライス

酢には、様々な効果があります。

例えば、疲労回復、血糖値の上昇を抑える、便秘解消、夏バテ解消など・・。

料理に取り入れることで食品も傷みにくくなり一石二鳥ですね。

下記に簡単な方法をご紹介しますので、是非やってみてください。

*おにぎり

おにぎりを作るとき、ご飯に少量の酢をまぜてにぎると、傷みにくくなります。

あるいは、ご飯を炊くときに水加減を少し控え、大匙2杯くらいの酢を入れて炊きます。

熱い時は少し酢の臭いがありますが、冷めると全く感じませんので、酸っぱいのが苦手の人で

も大丈夫です。

さらに、梅を刻んで混ぜれば、さらに傷みにくくなります

*お弁当

お弁当をのごはんは、酢を混ぜて炊いたご飯を詰めます。

おかずを詰めお弁当が完成したら、最後に酢をスプレーでおかずにシュッとひと吹きします

これで冷めてからふたをすれば、傷みにくいお弁当の完成です。

スプレーボトルは100均で売っているのでOKです。

おかずも酢をスプレーするだけなので、味の変化はありません。

から揚げなどは酢をスプレーして食べる方がさっぱりと食べられて美味しいですよ。

そのほか、酢を混ぜた水で冷蔵庫の中や電子レンジの中をふくと、細菌の繁殖がおさえられる

し、庫内もさっぱりします。

スポンサーリンク



酢の種類

出典;お酢の効果・効能をチェック【酢のソムリエまでの道】

酢にも色々種類がありますが、私が普段使用しているのは、誰もが知っているミツカンの「穀

物酢」です。

これを料理にも掃除にも使っています。他にもたくさんの種類があります。

米酢は酸味がまろやかなので、お寿司や魚の酢じめなど向いています。

黒酢は独特の香りがありますが、酢豚によく合います。

また、健康のために水で薄めて飲むのもいいそうですが、香りが独特なので好き嫌いがわかれ

ると思います。

果実酢は爽やかな香りと風味があるので、洋食やドレッシングによく合います。

また、水で割って飲むドリンクもオススメ。

古くなったバナナやいちごを果実酒とはちみつを加えてミキサーにかけ、氷を入れたグラスに

注げば、簡単スムージーも出来ちゃいます。

取りすぎは禁物

出典;cookpad

いくら体に良いといっても取りすぎは禁物です。

酢は強い酸性なので、そのまま飲むと胃の粘膜を荒らし、傷つけてしまう恐れがあります。

飲むときは最低でも5倍以上に薄めて飲みましょう。

暑い季節、酢を上手に生活に取り込んで、無理なく快適に過ごしたいものですね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする