歯科医師・梅本寛之容疑者の顔画像は?歯の治療中に目隠し、ワイセツ行為の疑い

スポンサーリンク
スポンサーリンク

出典:ANNニュース

歯の治療に来た女性にワイセツ行為をしたとして、29歳の歯科医師が逮捕されました。

しかも驚くことに、今回と同様の手口で他の患者さんにもしていたということです。。。

スポンサーリンク



事件の概要

鶴見大学歯学部附属病院の医師・梅本寛之容疑者(29)は先月12日の夕方、20代の患者の女性に対して歯の治療中、わいせつ行為をした疑いが持たれています。警察によりますと、女性は当時、目隠しをされていて被害に遭った確信が持てませんでしたが、数日後に警察に相談して事件が発覚しました。取り調べに梅本容疑者は「間違いありません」と容疑を認めていて、「他の患者にも同様のことをした」と供述しているということです。

ANNニュースより引用

出典:ANNニュース

最初にまず、「歯の治療中に目隠し??」と思いました。

目隠しをしたから悪いという訳ではありませんが、治療するのに目隠しをされるというのは少

し変に感じますね。

また治療中、助手の看護師さんとかいなかったのでしょうか。不思議ですね。

スポンサーリンク



梅本寛之容疑者のプロフィール

名前:梅本寛之(うめもと ひろゆき)

年齢:29才

住所:横浜市青葉区あざみ野

職業:鶴見大学歯学部付属病院の歯科医師

梅本寛之容疑者の顔画像

このような事件を起こした梅本容疑者の顔画像は公開されているのでしょうか。

残念ながら、現在までのニュース報道では、顔画像は公開されていませんでした。

わかり次第ここで追記させて頂きます。

梅本容疑者のFacebookアカウントも調べてみましたが、本人のものと特定することはできま

せんでした。

気になる方はこちらで確認してみて下さい。

鶴見大学歯学部附属病院とはどのような病院?

梅本寛之容疑者が勤務している鶴見大学歯学部附属病院とはどんな病院なのでしょうか。

場所は、JR京浜東北線鶴見駅ならびに京急鶴見駅から徒歩7~8分圏内、羽田空港からも京急

線にて約30分というアクセスのよい場所にあるようです。

当院が備える診療機能は、まさに歯科総合病院の名に相応しいもので、むし歯の予防・治療、歯並びや噛み合わせの矯正、歯槽膿漏から顎の骨折や口腔がんの治療まで、歯科・口腔外科全域をカバーするものであります。

鶴見大学歯学部附属病院長挨拶より引用

歯と関連して、内科と眼科もあるようですが、名前のとおり歯専門の病院のようですね。

口コミなども「満足」と評価されているようで、よい病院なのだと思われます。

それが今度のの事件で、評価が落ちなければ良いのですが・・・。お気の毒です。

事件の場所

事件の現場となったのは、鶴見大学歯学部附属病院です。

出典:ANNニュース

ネットの反応

医師と歯科医師は違うのでしっかり書いてほしいです。

大学の定員割れが増えて偏差値もボーダーfree
質の低下が問われる歯医者事件や犯罪も多い付け増し請求
カルテ改ざん歯医者をどうにかせねば

歯科医www 当然、免許取り上げで刑務所行くんだよね

こんなのバレるに決まってるのになぜやるの???

なんと愚かな・・・と、誰もが思うぞ このバカちんがっ。

わいせつって何をやったんだろうな。やっと歯科医師になったのに親御さん泣いているよ。

せっかく勉強して、お金もかけてもらって歯科医師になったはずなのに、一瞬の性欲で全部パァだよ。

Yahooニュースより引用

まとめ

せっかく歯科医として大学病院で働き始めたのに、自分の弱さでこのような結果を生み、残念

ですね。

また、病院にも迷惑をかけることになり、その代償も大きいのではないかと思います。

自分のしたことをしっかりと反省してほしいものです。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする