戸川万緒の顔画像とSNSは?父親の情報と遺棄した理由

出典;ANNニュース

東京・歌舞伎町のコインロッカーの中から赤ちゃんの遺体が見つかった事件で、警視庁は25歳

の女が逮捕されました。

女は「漫画喫茶で産んだ」と話しているそうですが、どういう事なのでしょうか。

スポンサーリンク



事件の概要

住所不定・無職の戸川万緒容疑者は、先月29日までに歌舞伎町にあるコインロッカーに女の赤ちゃんの遺体を遺棄した疑いが持たれています。

出典;ANNニュース

警視庁によりますと、近くの防犯カメラにロッカーの近くを行き来する女が映っていて、聞き込みなどから戸川容疑者が浮上しました。

出典;ANNニュース

出典;ANNニュース

取り調べに対して戸川容疑者は容疑を認め、「今年1月ごろ、歌舞伎町の漫画喫茶の店の中で子どもを産んだ」「赤ちゃんの声が出たのでバレてしまうと思い、殺害し遺棄した」などと話しているということです。赤ちゃんの首には絞められた痕があり、警視庁は今後、殺人の疑いでも捜査する方針です。

ANNニュースより引用

歌舞伎町の漫画喫茶という事は、この辺りでピンク系のお仕事でもしていたのでしょうか。

その結果、相手不明で妊娠をしてしまった。

住所不定のため病院にも行けず、仕方なく漫画喫茶で産んでしまったという事でしょうか。

産声を上げた赤ちゃんの首を絞めるなんて・・・悲し過ぎますね。

スポンサーリンク



戸川容疑者の顔画像とSNSは?

【名前】:戸川万緒(とがわまお)

【住所】:不定

【年齢】:25歳

【職業】:無職

戸川容疑者の顔画像はニュース報道で公開されていました。

その顔画像がこちらです。

出典;TBSニュース

また戸川容疑者のFacebookアカウントも調べてみましたが、本人のものと特定することが出

来ませんでした。

気になる方はこちらを確認してみてください。

父親の情報と遺棄した理由は?

ニュース報道では父親の情報が全くでてきませんが、父親は誰なのでしょうか。

残念ながら調べてもわかりませんでした。

しかし漫画喫茶で産むという状況からしても、歌舞伎町という場所柄からしても、戸川容疑者

自身も誰の子供かわからないのではないでしょうか。

そのため親や友達にも相談できず、密かに産もうと思ったのかもしれません。

ではなぜ遺棄したのでしょうか。

戸川容疑者は、

「赤ちゃんの声が出たのでバレてしまうと思い、殺害し遺棄した」

出典;TBSニュース

と話しているところをみると、突発的に殺害してしまったように思えます。

しかし、一方では妊娠が判ってからも病院にも行かず、漫画喫茶のような所で出産するという

行動は、最初から育てる気はなかったようにも思えます。

住所不定で無職なら当然育てられないでしょう。

遺棄した理由は様々な理由があるように思われますね。

事件の現場

事件があったのは、歌舞伎町。地図で示すと下記のようになります。

出典;TBSニュース

出典;TBSニュース

歌舞伎町には、沢山の漫画喫茶もあり、コインロッカーもあるので、場所の特定は難しいで

す。

それにしても延長料金は支払っていたようですが、いったい遺体をどうするつもりだったので

しょう。

コインロッカーに遺体を入れて置けば、いずれこうなる事はわかると思いますが。。

ネットでも今回の事件について様々な意見が投稿されています。

ネットの反応

信じられない…。
お腹でポコポコ胎動を感じても愛情湧かないとか…。殺さなくても他に方法あったでしょ。
25歳、立派な大人。本当に思い刑にしてほしい

切ないな………
相談にのって貰える大人が近くに居なかったって事なのかな…
許されない事をしたという自覚を持って生きていってほしい

妊娠中に子供をどうしようか、施設などを調べて欲しかったし、相談もして欲しかったですね。約1年は考える時間があったのですから。

わからない。五体満足で若くて、容姿も醜くはない。何が気に入らなくてまともに暮らせないのか。自分がまともに暮らせていないのに避妊できなかったのは何故なのか。おろすことも相談すらできなかったのは何故なのか。

赤ちゃんポストも賛否両論あるが、こうなるなら利用される方が良いと想う。
このようなことがおこりませんように。

Yahooニュースより引用

ネットの声でもやはり多いのは、赤ちゃんをなんとか助けてほしかった、という意見ですね。

同感です。せっかく生まれてきて、産声をあげた途端に母親から首を絞められ、死んでいった

赤ちゃんが本当に不憫です。

殺すくらいなら、どこか施設か、病院の前に置き去りにしてもらった方が、助かる確率も高い

ので、そういう選択をしてほしかったと思います。

そしてこういう悲しい事件がなくなるような社会になってほしいですね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする