将来を悲観?72歳息子(富樫宗男さん)が妻と95歳の母親を殺害、無理心中図る

70代の息子が90代の親を殺害するという、高齢化社会の悲しい部分を映し出すような悲し

い事件が起きてしまいました。事件の背景に何があったのでしょうか

スポンサーリンク



事件の概要

 6日午後5時10分ごろ、新潟県関川村の無職、富樫宗男さん(72)方で、富樫さんの母で無職のマツさん(95)と、妻で無職のカズイさん(71)の2人が1階の寝室で死んでいるのを近所に住む富樫さんの妹が見つけた。駆け付けた警察官が約2時間半後、敷地内の納屋で首をつって死亡している富樫さんを見つけた。

県警村上署によると、マツさんはベッドの上で、カズイさんはベッドの脇に敷かれた布団の上で、いずれも仰向けの状態で亡くなっていたという。2人とも首に絞められた跡があり、体には寝具が掛けられていた。出血を伴う外傷はなかった。

同署は、無理心中の可能性もあるとみて死因などを調べている。同署が妹に事情を聴いたところ、マツさんはデイサービスを利用していたものの、寝たきりの状態ではなかったという。

6日に配達された新聞が富樫さんの家の中に取り込まれていないのを近所の人が不審に思い、妹に連絡した。

産経ニュースより引用

出典;TBSニュース

上記のニュースだけでは、詳しいことはわかりませんが、富樫夫婦にはお子さんはいなかった

のでしょうか。

死ぬほど悩んでいたことがあれば、妻や子供に相談するのが普通だと思います。

しかし、自分の親や妻の首を絞めるくらいだから、もう正常な判断ができない状態だったのか

もしれませんね。

無理やり自分の人生の幕を下ろされた、母親と妻は本当にお気の毒だと思います。

スポンサーリンク



富樫宗男さんについて

富樫さんの調べたところ顔画像は公開されていないようです。

複数の住民の話などによりますと、宗男さんは去年脳梗塞を患い1か月ほど入院し、悩んでいたということです。

dmenuニュースより引用

近所の人の話によりますと、宗男さんは集落のまとめ役で、夫婦で農業を続けていましたが、去年から体の不調を訴えていたということです。

NHKニュースWEB

出典;NHKニュースWEB

集落のまとめ役もするような人だから、真面目人柄だったと思えます。

手入れのされた生垣に立派な家、きちんとした感じの家族だったと思いますが、近所の方の話

にもあるように自分の体調不良の不安から、発作的に起こしてしまった事件なのでしょうか。

なんともやりきれないですね。

事件の現場

出典;bing.com/maps

出典;TBSニュース

出典;TBSニュース

ネットの反応

こんな悲しい事件を見ると、何とかならなかったのかと思うが、何ともならなかった結果なのだろう。悲しい現実だ。

95歳の母親を70代の息子夫婦が見るって残酷だな。親が亡くなっても子供の康寿命はもうないに近い。人生後半母親に捧げたようなもの。長生きは子供を苦しめる

金銭的な事もあるのかもしれないけど、自分達の年齢からして母親の介護は体力的にも精神的にもキツかったのだろう。
長寿って喜べない時代になってしまったのかー。

何を思って高齢の母親を手にかけたのか。こういう事件が増えていくんだろうなと思うと胸が痛む。他人事ではない。

Yahooニュースより引用

今回の事件は高齢化社会となった現在の日本で、これからも増えてゆく老々介護の悲しい面を

写し出していると思います。

年をとっても健康で誰のお世話にもならず長生き出来れば一番幸せですが、なかなかそうもい

きません。

若くても介護は大変なのに、年を取ればその大変さは容易に想像がつきます。

誰もが年を取るのに、どうしようもない現実があるのが事実です。

自分の老後のことも含め、深く考えさせられる事件でした。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする