京都・特別養護老人ホームで入所者に多数の骨折やアザが発覚 犯人は誰なのか?

また、弱い者イジメみたいな驚きの事件がありました。

京都の特養入所者に、不自然な多数の打撲痕や骨折がみつかったというニュースです。

誰も見てない介護の場所で何があったのでしょうか。。。

スポンサーリンク



事件の概要

京都・宮津市の特別養護老人ホームで、複数の職員が17人の入所者を虐待した疑いがあることがわかった。
京都府によると、宮津市の特別養護老人ホーム「安寿の里」では、2017年12月に、入所者の女性(90代)が、慢性硬膜下血腫と診断され、全身に多数の打撲などの痕があることがわかった。
ホーム側は病院に、「女性がベッドから転落した」と説明したが、京都府は、「不適切な介助があった」として、職員による虐待と認定した。
このホームでは、ほかの入所者16人も、腰の骨を折るなどのけがをしていて、複数の職員による虐待の疑いがあり、京都府は16日、改善勧告を出し、傷害などの疑いで刑事告発を検討している。
ホームの運営主体の理事長は、取材に対し、「介助上の事故で、虐待の事実はない」としている。

ホウドウキョクより引用

以前にも入居者が老人ホームのベランダから転落して死亡する、というような事件があったと

思いますが、もし今回の報道のとおりであれば、言葉をきちんと話せない人は訳もわからず、

恐怖の毎日だったでしょうね。

ここへお世話になっている家族もさぞかし心配だと思います。

スポンサーリンク



事件の詳細及び現場

報道された事件のあったとされる、京都・宮津市の特別養護老人ホーム

出典;FNNニュース

出典;FNNニュース

今回の事件は個人で行うにはあまりにも数が多いのですね。

このホームの方全員が同じ事をしているとは思いたくないですが、多くの人がかかわってい

て、他の人は気づかぬふりをしていたのではないでしょうか。

また、ご家族とか面会に来れていなかったのでしょうか。

家族が来ていれば、当然異変にも気づくと思われますが、なかなか忙しくて、ホームに任せき

りというのが現実なのかもしれませんね。

犯人は誰?

今回の事件では、虐待を働いた犯人は、職員とだけ書かれていて、報道されていません。

この施設全員がグルになっているとは思いたくありませんが、入所者16人が骨折していると

なると、個人で行うというのは考えずらい気がしますね。

警察の今後の捜査の行方を見守りたいと思います。

ネットの反応

真面目に働いている方々が疑われない為にも各部屋 あらゆる所全てに防犯カメラの設置を義務付けて欲しい

保育園も特養も、たんまり助成金や給付金もらう事しか考えてない。心ある人が関わって欲しいけど。
介護士資格はもっとハードル上げた方が良いと思う。

社会福祉老人介護は、資格があれば知識は有るけれど、介護する側の意識や性格精神的な問題が大きいですよ。資格がないのに仕事をしていても、利用者と向き合って一生懸命仕事をしている人もいる。資格があるからと言って、それに胡坐をかいている介護者だっている・・・。
介護する側、支援する側の性格の問題、日頃の鬱憤を弱い利用者で晴らしている限り、この問題は無くならないと思う。

ちゃんと勉強して介護士の資格持ってたなら、施設入居者の多数にアザがあったりするのはどうかと思うけど?
施設側の言い訳が隠蔽する気満々で嫌な気分になる。

Yahooニュースより引用

これからますます高齢化が進んで、このようなホームにお世話になる人が増えてくると思いま

す。

今回のような事件は根が深く、介護の現場の過酷な労働と低い賃金などが根底にあるように感

じます。怖い事ですが、似たような事は他の施設もあるのでは?なんて考えてしまっったりも

します。

誰でも年をとり、子供の世話にはなりたくない、と思うとこういった公共の施設に頼らざるを

得なくなります。

国を挙げて、こういった問題解決をしてゆかないと、これからの高齢化社会、安心して親を任

せたり、また自分も入所することが出来なくなるのではないでしょうか。

いずれにしても、深く考えさせられる事件ですね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする