離婚調停中の妻を裁判所の入り口で待ち伏せ?日本人妻が米国人夫に刺され死亡

スポンサーリンク
スポンサーリンク

出典:FNNニュース

東京・千代田区霞が関にある東京家庭裁判所の1階ロビーで、31歳の日本人女性が突然、男に

刃物で刺されるという事件が発生しました。

男は、32歳のアメリカ人で、離婚調停のために訪れた妻を待ち伏せ、手荷物検査に入るレーン

の入り口で襲ったとのことです。

二人にいったい何があったのでしょうか。

スポンサーリンク



事件の詳細

 20日午後3時20分ごろ、東京・千代田区の東京家庭裁判所の1階の玄関で、「女性が刺されている」と110番通報がありました。警視庁によりますと、32歳のアメリカ人の男が31歳の日本人の妻の首を刃物で刺したということで、妻は心肺停止の状態で病院に運ばれました。

男は所持品を捨てながら日比谷公園方面に逃走しましたが、駆けつけた警察官や裁判所の警備員に取り押さえられ、殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されました。その際、バタフライナイフを含む、ナイフ3本を持っていたということです。男はバタフライナイフで自ら左腕を切りつけていて、救急車で病院に運ばれました。

JNNニュースより引用

平日の午後3時過ぎといえば人通りも多く、側にいた人はさぞ驚いたでしょうね。

実際に、顔面蒼白の状態で、首から血を流している女性の姿を目撃された方は、口に手を当て

てぼう然と立ちつくす様子だったようです。

スポンサーリンク



取り押さえられた男の様子

下記が警察官に取り押さえられた時の男の映像です。

出典:JNNニュース

男は、32歳のアメリカ人で、離婚調停のために訪れた妻を待ち伏せ、着いたところで襲った様

子が目撃されていた。

大勢の警察官。

その足元には、取り押さえられ、あおむけで倒れている男の姿が。

外国人のように見える。 口元には、黒いマスク。

そばには、血が付いたように見える袋も。

男が確保された現場は、交番のすぐそばだった。

FNNニュースより引用

男は自分で両手首を刺したようですが、何のために刺したのでしょう。

もし、自殺するつもりなら、胸とか首を刺しますよね。

意味不明な行動です。

被害者のプロフィール

名前:ウィルソン香子(きょうこ)

年齢:31歳

職業:不明

住所:埼玉県所沢市元町

31歳で夫に刺されて死ぬなんて、想像もしてなかったでしょうね。

お気の毒です。

事件の現場

事件は、東京都千代田区霞が関の東京家庭裁判所1階の玄関付近で起きました。

出典:FNNニュース

ネットの反応

もっと手荷物検査・身体検査を厳しくするべきだと思う。可能性がある事だから。

アメリカには、「日本人の男なんて」と言って白人(や黒人)の男のケツを追う日本のZべドモが多い。
性格や価値観も考えずに、白人系アメリカ人と言うだけで、結婚してしまうのも多いと聞く。
結果、離婚に至る場合も多い。(7〜8割が離婚する、と言われている)。
円満離婚の場合、問題ないが、最悪の場合、この事件の様に、殺されてしまう。

外国の人達が皆悪い人とは思いませんが、何故か最近外国人の事件が
多いですね。
知らない土地(国)では事件起こしやすいのかなぁ。
それともその様な人格の人ばかり入国して来るのか。
よその国に来てとんでもない。やめて!

女性からの一方的な調停だったんだろう。
複数の刃物、ガソリンのような液体をリュックに入れていたってことは自分も死ぬつもりだったんだろう。
亡くなられた女性のご冥福をお祈りします。

男の嫉妬ほど醜い事はない

Yahooニュースより引用

まとめ

31歳と32歳の二人。

年齢からしても、結婚してそんなに長くはないと思われます。

お互い好きで、愛し合って結婚したはずなのに、なんでこのような悲しい結果になってしまう

のでしょう。夫婦のことは二人にしかわかりませんね。

亡くなられた奥様のご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする