大迫銀河容疑者の顔画像と性格 口論の末、父親を殺すつもりで刺す異常さとは

スポンサーリンク
スポンサーリンク

出典:NNNニュース

鹿児島県の長島町で父親と電話で口論となった後、父親を刃物のようなもので刺し殺害しよう

としたとして、35歳の息子が殺人未遂の疑いで逮捕されました。

最近は親子間での殺人事件が多いように感じます。今回の事件の経緯を追ってみました。

スポンサーリンク



事件の詳細

逮捕されたのは、鹿児島県長島町平尾の無職・大迫銀河容疑者(35)。警察によると大迫容疑者は、22日午後9時から9時40分ごろまでの間に近くに住む父親の大迫和彦さん(62)の自宅で和彦さんの腹などを刃物のようなもので刺すなどして、殺害しようとした疑いがもたれている。和彦さんは、病院に運ばれたが、命に別条はないという。

大迫容疑者は、「お父さんを殺すつもりで腹を刺した」と容疑を認めているという。

近所の人「息子(容疑者)は誰と会っても無口だった」「前1回あった、親子げんかが。その時もひどかった」

大迫容疑者は、父親と電話で口論になった後、犯行に及んだとみられ、警察が詳しい動機などを調べている。

出典:NNNニュースより引用

またもや、息子は35歳で無職・・。

おそらく口論となった理由は、息子が無職でいることに対して、親として息子の将来を案じ

て、つい口うるさく言ってしまったことではないでしょうか。

大迫銀河容疑者のプロフィール

名前:大迫銀河(おおさこ ぎんが)

年齢:35歳

職業:無職

住所:鹿児島県長島町平尾

スポンサーリンク



大迫銀河容疑者の顔画像

こんな事件を起こした大迫容疑者の顔画像は公開されているのでしょうか。

調べてみましたが、現在のニュース報道では大迫容疑者の顔画像は公開されていませんでし

た。

またFacebookアカウントも調べてみましたが、名前が割と特殊なので本人と思われるアカウ

ントはありましたが、本人のものであると特定することはできませんでした。

気になる方はこちらを確認してみてください。

大迫銀河容疑者の性格について

近所の方の話によると、大迫容疑者の性格について近所の方はこのように証言しています。

「息子(容疑者)は誰と会っても無口だった」

「前1回あった、親子げんかが。その時もひどかった」

出典:NNNニュース

誰と会っても無口といわれるくらい、ご近所の方とごく普通の挨拶とかもできなかったのかも

しれませんね。

35歳で無職という事に、もしかしたら本人も引け目を感じて、無口になっていたのかもしれ

ません。

大迫容疑者のように、無職でひきこもるような人には大まかではありますが、共通した性格が

あるようです。

それは、無口であったり、内向的であったり、人に対してやさしかったり、人と競争することを嫌がったり苦手にしたり、目の前の問題を回避しがちだったり、自意識が強かったりといった、さまざまな要素が組み合わされてできている性格です。

出典:関東自立就労支援センターより引用

事件の現場

事件は鹿児島県長島町平尾の父親の大迫和彦さんの自宅で起きました。

出典:NNNニュース

ネットの反応

35歳。いい歳して甘ったれんなよ。

無職の寄生虫のくせに寄生先無くなっちゃうぞ

最近は大学も就職も東京や大阪じゃなく地元を希望する人が多い。
それは親も同じみたい。
やっぱり、仕事決まったら家を出て自立した方がいいと思う。
親にしても目の前にいると何かと小言を言いたくなるし、子供も実家は気楽だし、
お金にも余裕あるし、最悪辞めても家があるから食べるに困らない。
そういう傾向が親離れ、子離れ出来ないそとにつながるのかも。
親の元を巣立つのは必要なことなのかも。

安定の無職ですね。
今後、こういった事件増えるでしょうなぁ。

また引きこもりか、、、
こんな大人が多いのが不思議
働かなくても生きて行ける環境ってある意味羨ましいけど、親が居なくなったら困るだろね

多分まともじゃないから、親の存在意義すら分からないんだろ。別に結婚してなくても子供居なくても、、普通の人と同じくらい働いて世の常識を分かってる人間ならこんな事はしないと思う。

父親を殺したら何かが変わるとでも思ったのか。無職って余計な事考えるんですよね。経験あるけど、目的なくうだうだして働いてない時って人の悪口いくらでも出る(笑)
それが長いと、自分のせいなのに他人のせいにする、イライラを他人にぶつける等々ろくな事ないと思います。
親が嫌いとか関係がよくないなら家を出るべき。
ちゃんとした動機はまだわからないけど、どっちも気の毒だな…。親は勿論なんだけど
他人のせいにしかできない本人も哀れだなと感じます。

出典:Yahooニュースより引用

まとめ

想定はしていましたが、やはりネットの反応でもみなさん、35歳・無職ということに反応さ

れていますね。

自立支援センターでは、物事には右と左があるように、固定概念にしばられないで考えてみる

ことが大切であると説いております。

人生において柔軟な考え方を持つという事が大切なんですね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする