小野しのぶ容疑者の顔画像 2歳の娘を刺した理由は? しつけと虐待の違いとは

福岡県飯塚市の住宅で、2歳の二女の胸を包丁で刺し殺害しようとしたとして、37歳の母親

が殺人未遂の疑いで逮捕されました。

事件の動機とともに、なぜ我が子に手をかけてしまうのか、そのあたりも詳しく見て行きまし

ょう。

スポンサーリンク



事件の概要

警察によると10日午前6時頃、飯塚市明星寺の住宅で「娘が孫を包丁で刺した」と孫の祖父から消防に通報があった。2歳の女の子が胸を1か所刺されていて、飯塚市内の病院に搬送されたが、傷は1~2センチで命に別条はないという。

警察がその場にいた女の子の母親に話を聞いたところ、刺したことを認めたため、殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。

逮捕されたのは北九州市戸畑区新池の無職・小野しのぶ容疑者(37)。小野容疑者は刺された二女と長女の3人で、9日から飯塚市の実家に帰省していたということで、警察は育児の悩みがなかったかなど、動機を調べている。

NNNニュースより引用

刺した母親も刺された次女も可愛そうな気がします。

幸い次女はまだ2歳なので、大人になlるころは今回の事は覚えてないかもしれませんが、母親

は一生忘れることができないと思います。なんとも悲しいですね。

スポンサーリンク



小野しのぶ容疑者の顔画像

こんな事件を起こした小野しのぶ容疑者の顔画像は公開されているのでしょうか。

残念ながら、ニュース報道でも顔画像は公開されていませんでした。

わかりましたら、追記させて頂きます。

また、小野しのぶ容疑者のFacebookアカウントについても調べてみましたが、本人のものと

特定することはできませんでした。

気になる方はこちらで確認してみてください。

小野しのぶ容疑者のプロフィールはこちらです。

名前:小野しのぶ

年齢:37歳

住所:北九州市戸畑区新池

職業:無職

2歳の娘を刺した理由

今回の事件で、小野しのぶ容疑者が2歳の娘を刺した理由は何だったのでしょうか?

まだニュース報道でも母親からのコメントは報道されてないので真相はわかりません。

しかしやはり考えられるのは、子供が言う事を聞かなかったため、カッとなって思わず・・と

いうことでしょうか。。

2歳くらいだと、イヤイヤ期がはじまったりと大変になってくる時期だと考えられます。

子供の成長の一過程と考えられればいいのですが、毎日だと親も心の余裕が持てなくなります

よね。

それもあって実家に帰省していたのかもしれません。

幸い、傷は1~2センチで命に別条はないということですので、母親もホッとしているのでは

ないでしょうか。

しつけと虐待の違いは?

今回の事件のように、わが子に手を挙げてしまう親のことを考えると、「しつけ」と「虐待」

の違いは何だろうと感じました。

子ども虐待の定義は、身体的虐待、性的虐待、ネグレクト、心理的虐待と4つあるそうです。

「しつけ」と「虐待」には、しっかりと線引きできないグレイゾーンが存在します。が、多数の事例に関わってきた福祉、保健関係者や精神科医、小児科医などが言うように「子どもが耐え難い苦痛を感じることであれば、それは虐待である」と考えるべきだと思います。

保護者が子どものためだと考えていても、過剰な教育や厳しいしつけによって子どもの心や体の発達が阻害されるほどであれば、あくまで子どもの側に立って判断し、虐待と捉えるべきでしょう。

オレンジリボン運動より引用

難しい問題ですね。

施設などで引き取ろうとしても、(どんなにひどい目にあっていたとしても)、幼い子供は親

を慕い、親と離れたがらないと聞いいたことがあります。

それくらい、幼い子にとっては親(特に母親)は大好きな存在なのでしょう。

しつけと虐待の線引きをは親子の数だけ、それぞれ線があるのかもしれませんね。

事件の現場

事件は小野しのぶ容疑者が飯塚市の実家に帰省していた時に起きたということです。

飯塚市明星寺は地図いうとこんな感じになります。

またこちらがニュース報道で公開された飯塚市明星寺の住宅周辺の写真です。

出典:NNNニュース

ネットの反応

 日常的な虐待の痕跡がなく、発作的にそういう事をしてしまったのなら、育児や夫婦関係の事で悩んでたのかもね。どんな理由があろうと子供を刺すなんてしてはいけないけどまずは批判とか責めるよりもしっかり話を聞いてあげて欲しい。誰かに話す事によって楽になる事もあるから。それでしっかり反省して娘さんに謝罪して欲しい。

手を上げる、怒鳴る、は有り得るが
突発的でも胸を刃物で刺すまでいってしまったなら、育児は他の方に任せた方がいい。
またしてしまうかもしれないし、「またやってしまうかもしれない」と言う不安に本人も家族も親戚も友人知人も、皆が怯えながら生きていくことになる。
何よりお子さんを健やかに成長させる為に、距離を取るべきだと思う。

2歳だったら、記憶に残るかどうか。とはいえお姉ちゃんが覚えてるかも。後々の親子関係のことを考えても、このお子さんは、このお母さんとは別の場所で育てたほうがいいかも・・・

女の子が生きててよかった。
お母さんを擁護するわけではないし、刃物を向けるなんて有り得ないけど、子供を育ててるとついカッとなって手をあげそうになることは多い。
お母さん、色々悩んでいたんでしょう。

どうして我が子を刺してしまうくらいの気持ちになったのか、理解できるかどうか分からないが知りたいと思う。非難する前に。

まだ、記憶も浅いうちに母親の元から引き離したほうが良い。次は殺すかもしれないから、残念だけどもう会わせない方がいい。

Yahooニュースより引用

まとめ

子育ては大変です。

だから自分ひとりで頑張ろうとしないことも大切です。

今回事件を起こしてしまった母親も、一生懸命育児をしてきたのにこのようなことになってし

まって後悔しているかもしれません。

子供の命に別状なくて本当によかったと思います。

この家族がこれからまた平和に暮らして行けることを願いっています。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする