奥澤稔容疑者の顔画像とSNSは?都立高副校長が準強制わいせつ容疑で逮捕

出典;TBSニュース

都立高校の副校長の男が路上で酒に酔った女性に声をかけ、ホテルに連れ込んで、わいせつな

行為をしたとして警視庁に逮捕されました。

高校の副校長を務めるような人がなぜこのような行動をとったのか詳しく見て行きましょう。

スポンサーリンク



事件の概要

準強制わいせつの疑いで逮捕されたのは、都立荒川工業高校の副校長・奥澤稔容疑者(59)です。奥澤容疑者は今年5月、東京・足立区の路上で酒に酔った40代の女性に声をかけ、埼玉県八潮市のホテルに連れ込んで下着の中に手を入れて下半身を触るなど、わいせつな行為をした疑いが持たれています。

取り調べに対し、奥澤容疑者は容疑を認めたうえで、『性欲を抑えきれず、我慢できませんでした』と供述しているということです。

都立荒川工業高校の校長は取材に対し、「職員がこのような事態になり、お詫び申し上げます」とコメントしています。

TBSニュースより引用

59歳の十分に分別のある年齢の、しかも高校の副校長という立場にありながら、なんでこの

ような事をしてしまったのでしょうか。

よく言う日頃のストレスが溜まっていたのが爆発した、と言う事かもしれませんが、このよう

なことを起こしてしま前に奥様や子供の事は考えなかったのでしょうか。。

事件を聞き、ご家族はさぞや驚き・悲しみ・落胆することでしょうね。

スポンサーリンク



奥澤稔容疑者の顔画像とSNSは?

出典;TBSニュース

こんな事件を起こしてしまった奥澤稔容疑者の顔画像は公開されているのでしょうか。

残念ながら、報道ニュースでも顔画像は公開されていませんでした。

わかり次第追記させて頂きます。

<追記>

本日奥澤容疑者の顔画像がニュース報道で公開されていました。

その顔画像がこちらです。

出典;FNNニュース

出典;FNNニュース

落ち着いた年齢のごく普通の人に見えます。

残念ですね。。

フェイスブックは也lるれいなかった可能性が高いですね。

ーーーーここまで追記ーーーーー

また、奥澤稔容疑者のFacebookアカウントを調べてみましたが、本人のものと特定すること

のできるアカウントはみつかりませんでした。

強制わいせつ罪と準強制わいせつ罪の違いは?

強制わいせつ罪とは?
13歳以上の男女に対して、暴行または脅迫を用いてわいせつな行為を行うと強制わいせつ罪になります。
また、13歳未満の男女に対して、わいせつな行為を行った場合にも同様の罪になります。

準強制わいせつ罪とは?
人の心神喪失(熟睡、泥酔、精神障害等)または抗拒不能(抵抗が不可能または著しく困難な状態)に乗じて、
わいせつな行為を行うと準強制わいせつ罪になります。
また、心神喪失や抗拒不能状態にさせて、わいせつな行為を行った場合も同様の罪になります。

刑罰はどちらも6ヶ月以上10年以下の懲役刑

Yahoo知恵袋より引用

強制であろうが、準であろうが罪の重さは同じということですね。

自分の性欲を抑えられなかったばかりに、とてつもない大きなものを失うことになってしまう

かもしれませんね。

事件の現場

奥澤容疑者が被害女性に声をかけたのは足立区の路上ですが、連れ込んだのは、埼玉県八潮市

のホテルということです。

地図で言うとこのような位置関係になります。

ネットの反応

家庭もあるだろうから奥さん、子供が一番かわいそう。。

たくさん教師でわいせつ事件で捕まってるけど、普段自分のとこの生徒をどんな目で見てるんだ?

副校長なんてそれなりの役職の地位にありながらこんな事する男も終わってるが、40歳にもなって男にホテルに連れ込まれるほど酒に酔ってる女とか女として終わってんな。

ホテルに入る方もどうかと思う。

まあ59歳でナンパする方もする方だけどさ、ホテルまで行っといてそりゃねえよな・・・定年前に変な地雷を踏んじゃったね

これはナンパでついていった女もなんで逃げなかった
暴力奮われたのか フツーにナンパでホテル入って強制ワイセツはおかしくないか。

こんな事で捕まるなら、もっと捕まってるはずだ。準強姦というが、どれくらいの泥酔だったのか調べたのか?
立場ある者だから取り上げただけにも思う。

Yahooニュースより引用

こんなことで、高校の名前が出てしまって、関係者は各方面の対応が大変でしょうね。

「後悔先に立たず」という言葉があるように、今となってはもう取返しがつきません。

今回は大きな事件ですが、日常生活を送る中で、たとえ小さなことでも後悔することにないよ

う、思慮深く、注意深く考えて行動するようにしたいですね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする