驚愕!! にしおかすみこ 現在の姿がヤバい

かつてインパクトのある女王様キャラで大ブレイクした、にしおかすみこさん。

最近めっきり見かけなくなりましたよね。現在の彼女を調べたところ驚きの姿に変わってまし

た。・・

スポンサーリンク



にしおかすみこプロフィール

出典;media Groove

にしおかすみこ

本名   西岡 純子(にしおか すみこ)

生年月日 1974年11月18日

出身地  千葉県

血液型  A型

身長   163.5cm

最終学歴 青山学院大学経済学部第二部

事務所  ワタナベエンターテインメント

にしおかさんは、1994年に太田プロダクションから「西岡すみこ」としてデビュー。

1999年11月28日放送の「爆笑オンエアバトル」で女性ピン芸人として、初のオンエアを獲

得。

その後事務所を今のワタナベエンターテインメントに移り、2005年に芸名を「西岡すみ

こ」から「にしおかすみこ」に改名。

2006年にフジテレビの「くるくるドカン」で名前が出始め、2007年「エンタの神様」で女

王様ネタで大ブレイクしました。

女王様キャラを演じていたけど、本当は控えめな性格のため、キャラとのギャップに悩み、

2008年頃から素のキャラに転向。

しかしある番組で大失態を犯し、徐々にメディアから遠ざかってゆくことになったようです

干された理由

出典;AIKRU

にしおかさんが、メディアから干された理由とされたのが、【27時間TVでの失態】とのこ

と。その具体的内容というのが下記の2つの事件。

① 深夜の若手ネタ見せコーナー中盤にて 

にしおか、ピンクのワンピースという女王様ネタにそぐわない勘違い衣装で登場 

さんまとなら寝てもいいと軽口トーク 
ネタに自信がないから先に誤っておきますとラインを引く 
↓ 
ネタ開始、ネタの途中で一切笑いがおきないため逃げて笑いを取ろうとするがそれも不発 
もう一辺やれと促されるも、また最初からやろうとし注意される 
さっきの途中からやろうとするも、頭が真っ白になり進まず 
↓ 
涙目になりまた最初からはじめるが、ここで見かねたさんまがストップ 
構ったちゃんモード全開でわざとらしく泣き出し同情を誘うが芸人達の目は次にやる柳原がかわいそうとの声 
他の芸人のネタがはじまると自分は何事もなかったかのように爆笑 ネプリーグにて 

②ネプリーグにて 

今朝の失態の後でどの面下げて来てるんだと言わんばかりに平然とネプリーグ出演 
問題の合間にあれだけ出ていたさんまに「休み過ぎ」と言い場を凍り付かせる。さんまは呆れ顔で相手にせず 
山田邦子の格好を「リュークみたい」と大声で言い、大スベリ、空気最悪 

ファイブボンバーで2番手にもかかわらず1問目全く答えられず、場の空気は氷点下 
空気を読んださんまが朝の事を含めて、「今日はたまたま調子悪いんやろな」とフォローするも全否定 
「違います!むしろ調子いいくらいですよ!」と言い助け舟を潰し、自分の大失敗に自覚の無い事を露呈 

ファイブボンバー2問目でも全く答えられず、場の空気は氷河期突入。 
呆れっぱなしのメンバーに対し真っ先に出る発言が「だって緊張してるから・問題の意味が分からない」との言い訳 
原田の「朝のことは忘れて頑張れ」というフォローにも「朝のことは忘れてますよ!嫌なこと蒸し返さないで下さい!」と反省の色が無いことを露呈させ出演者スタッフ視聴者の神経を逆なでる 
ついには温厚なホリケンも激怒、後輩の山本高広にまでフォローされる始末 

そしてしまいには「問題が聞き取りにくい、もっと滑舌良く読んでください」などと言って伊藤アナのせいにし、 
名倉に「ちゃんと読んどるわ!」「お前のせいや!」と注意され、山田邦子には「人のせい!?」と呆れらる 

3問目にて時間をかけてやっと正解するも、ホリケンのところで時間切れ 
自分が時間を使い過ぎたことを棚に上げ「えぇーせっかく私答えたのに」 
他のメンバーも答えが分からなかったことを知ると「みんなそうか~」と勝手に安心する 

このほとんど勝負にならなくなってしまった展開に、ベテラン勢をバラエティ的にどうしようかと本気で悩ませ、コーナーは最後まで白けっぱなしの空気へ 
しかし本人は大して気にする様子もなく終始ヘラヘラしていた

このような失態をしてしまったことでメディアから消えることになりました。

やはり芸人としてトークがうまくないというのは、致命的なようです。

スポンサーリンク



現在はどうしてる?

出典;Media Groove

現在にしおかさんは、トークを鍛えるため、落語家の春風亭小朝さんに弟子入りをしたり、水

泳やマラソンに挑戦しているそうです。

特にマラソンでは地方大会とは言え、輝かしい成績を残しています。

2年前に開催された「サンスポ軽井沢リゾートマラソン」では見事5位に入賞。

石川県で行われた「第4回能登半島すずウルトラマラソン」では女子の部で2位。

埼玉県で行われた「第33回藍のまち 羽生さわやかマラソン」ではハーフの20Kmの40代女

子の部で優勝。

もともとは真面目だった性格が、今はマラソンという形で活かされているようですね。

現在のにしおかさんは、生き生きして、自然体で柔らかな感じになったように思います。

今後はマラソンタレントとして、またメディアにも復活して頑張ってほしいですね。

 

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする