西村浩二弁護士、知人女性に「惚れ薬」を飲ませようとして懲戒処分 その顔画像は?

出典;NNNニュース

「ほれ薬」とされる液体を知人女性の飲み物に混ぜて、飲ませようとしたとして、弁護士の男

性が懲戒処分を受けました。弁護士でもこのような類の薬の効力を信じるんですね・・

スポンサーリンク



事件の概要

福岡県の弁護士会で、福岡市の弁護士事務所に勤める西村浩二弁護士(45)が、業務停止3か月の懲戒処分を受けたという。その理由については――

福岡県弁護士会 会長「『ほれ薬』という触れ込みで売っているものがあるようなんです。自分にほれてもらいたいという気持ちからその女性のグラスに入れようとした」

恋愛感情を高めるとされる「ほれ薬」という液体を、女性の飲み物に入れようとしたという。一体、どういう事なのだろうか。

去年3月。知人女性を夕食に誘った西村弁護士。2人でソフトドリンクを飲んでいた。女性が後ろを向いた際、ポケットからスポイトのような容器を取り出す。中には「ほれ薬」という黒い液体。その液体を女性のグラスに入れようとするが、女性に見られてしまい、液体を入れず、テーブルの下に隠したという。

液体をインターネットで購入したという西村弁護士。検索してみると、ネットの通販サイトには、「ほれ薬」と書かれたものが売られていた。900円から3000円台のものなど、何種類も売られている。

購入後、自分で2、3滴なめて試し、「効果は分からなかった」と話す西村弁護士。「自分にほれてもらいたかった」と事実関係を認め、女性に対し謝罪したという。

出典;NNNニュースより引用

驚きましたね。

色々な案件を冷静に解決してゆくようなイメージのある弁護士がこのような薬の存在を信じ、

購入するんですね。

それほど、相手の女性のことが好きだったという事だとは思いますが。。

残念ながら逆効果になってしまったようですね。

スポンサーリンク



西村弁護士の顔画像とSNSは?

こんな事件を起こしてしまった西村弁護士の顔画像は公開されているのでしょうか。

残念ながら、ニュース報道などでは、顔画像は公開されていませんでした。

また、Facebookのアカウントも調べてみましたが、本人のものと特定できるアカウントは

わかりませんでした。

気になる方はこちらで確認してみて下さい。

事件の現場

事件の場所については、福岡市の弁護士事務所に勤めるという事しかわかりません。

福岡市は地図でみるとこのような感じです。この中に弁護士事務所は結構沢山あるようです。

液体が有害か無害のものか確認できていないとする弁護士会。

福岡県弁護士会 会長「人体に直接影響のあるようなものを直接飲ませようとした事自体が非常に危険な行為」

弁護士会は、二度とこのような事が起きないよう、倫理研修を強化していくとしている。

出典;NNNニュースより引用

それにしても、自分でなめてみて「効果はわからない」と言っているようですが、そんな得体

のしれない物を入れられ、もし飲んでしまったとしたら恐いですよね。

逆に自分がそんなネットで購入した得体のしれない物を飲み物に混ぜられたら、嫌だし、怖い

と思うと思うのですが、そんなことも判断できない冷静さを失っていたという事でしょうか。

ネットの反応

くだらないなぁ。恋愛なんて無理にするもんじゃない。
お互い気の合う人がいれば程度でいい。
そんな事に無駄に時間使うぐらいならもっと高い目標を目指すべき。

そんな薬を信じてしまう弁護士って有る意味怖すぎる。
こんな、弁護士には仕事を依頼したくない。

そんな液体使わずに、自分の男としての魅力で惚れさせてみよ。

弁護士だろ?倫理研修とかって、それ以前の話だろ。

こんなバカ弁護士になれるんだ?!
1:購入したほれ薬が効果があるかわからない。
2:入れているところを見つかる。
3:たった三ヶ月の営業停止

Yahooニュースより引用

やはりネットでも厳しい意見が多いですね。

完璧な人間なんていないのだから、失敗しても仕方ないと思いますが、ちょっと残念すぎる事

件でした。

相手の女性の方が気づいて、被害が出なかったことが幸いだったと思います。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする