生井力容疑者の顔画像とSNSは?25歳の巡査が3か月の長女を揺さぶり重体に

埼玉県警の巡査の男が、生後3カ月の長女を揺さぶって重体にさせたとして逮捕されました。

またもや親が自分の子供に危害を加えるという事件です。嫌になりますね。

スポンサーリンク



事件の概要

熊谷警察署の地域課に勤務する巡査・生井力容疑者(25)は22日、さいたま市北区の自宅アパートで、生後3カ月の長女に揺さぶるなどの暴行を加えてけがをさせた疑いで25日朝に送検されました。長女は脳内出血や眼底出血などで重体です。その後の警察への取材で、長女の体にあざなどはなく、日常的な虐待の事実は確認できていないということです。生井容疑者は「泣きやまないことから感情が噴出し、揺さぶった」と容疑を認めていて、警察は生井容疑者が妻の外出中に突発的に犯行に及んだとみて詳しく調べています。

テレ朝ニュースより引用

出典;ANNニュース

出典;ANNニュース

またもや、幼い子供が犠牲になる事件ですね。

ただ今回のことで唯一救いなのは、ニュースによれば、今回の事件は日常的暴行という事では

なく、突発的犯行である、という点ですね。

勿論、結果的に重体になってしまったという点は重く受け止めないといけないと思います。

スポンサーリンク



生井力容疑者の顔画像とSNSは?

生井容疑者の顔画像は公開されていませんでした。

ニュースでは下記のような画像しか報道されていません。

出典;ANNニュース

また、生井容疑者のSNSは、本人のアカウントと特定できるものはみつかりませんでした。

子供に暴行してしまう親が増えている理由

今回の事件は日常的な暴行ではない、ということですが最近自分の子供に日常的に暴行を加え

る親のニュースが多いですよね。

なぜそういう親が増えてしまったのでしょうか。

一番に考えられるのは、やはり核家族という小さな単位の家庭が増える中で、子育てに悩む母

親や父親が増えているということではないでしょうか。

昔のように3世代同居するのが普通だった時は、育児の疑問や悩みを姑や近所のおばさんなど

が気軽に教えてくれたり、面倒をみてくれたのに、現代は周囲に頼れる育児の先輩もなく、

独な子育てで追い詰められていく親が多いのだと思います。

そのため、子育てに対しての精神的余裕がないため、親のストレスが幼い子供に暴力となって

向けられてしまうのではないでしょうか。

虐待をしてしまう親も精神的ストレスでつらいとおもいますが、それを受ける子供はもっとも

っと辛いと思います。

この負の連鎖を断ちきれるような救済方法を地域全体、あるいは国全体で考えてゆかないと、

今回のような事件は減らないのではないでしょうか。

ネットの反応

不思議なんだけど、なんで揺さぶるの?普通は揺さぶったって泣き止まないと思うんだけど、、、
もしかして、ぐったりして静かになったから便利な技だと思って何度もやってたってこと?
だとしたら怖すぎる。
耳栓でもして無視してた方がまだましなのに、どうして攻撃しちゃうのかな…

突発的にはそんなことしない。我が子を抱いたことある人なら、揺さぶることはしない。
この人は親ではないのだろう。母親のオトコではあっても。

こちらが感情的になると赤ちゃんは余計泣くよ。不思議な事だけれど伝わるみたい。
容態が安定して後遺症が残りませんように祈ります。

最悪我慢できなかったら、子供を置いて違う部屋に行きましょう。揺さぶって命にかかわるよりマシです。

Yahooニュースより引用

上記のコメントにもあるように、小さな子供を揺さぶったらダメなんです。

そんな初歩的なことも知らないでいるから大変な事になってしまうのだと思います。

今は簡単に色々な情報が手に入る時代です。

親も子供と一緒に親として成長することが、子供を守ることにもつながるのではないかと思い

ます。

そうすれば、今回のような事件も減って行くのではないでしょうか。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする