71歳の森典子容疑者の顔画像 74歳夫を浴槽に沈め殺害の疑い 悲しい介護の現実とは

出典;FNNニュース

岡山県・井原市で、74歳の夫を浴槽に沈めて殺害したとして、71歳の妻が殺人の疑いで、逮捕

されました。

何があったのか詳しく見て行きましょう。

スポンサーリンク



事件の概要

逮捕されたのは、井原市の無職・森典子容疑者(71)。

警察の調べによると、森容疑者は15日午後9時ごろ、自宅の浴槽に夫の岑生(みねお)さん(74)を押さえつけて水没させ、殺害した疑いが持たれている。

16日午前、岑生さんが利用しているデイサービスの職員が、浴槽で亡くなっていた岑生さんを見つけ、119番通報した。

森容疑者は、夫と2人暮らしだった。

近所の人は、「仲のいい人たちでした。よく、旦那さんの面倒見て介護されていた」と話した。

警察の調べに対し、森容疑者は「わたしが殺したことに間違いありません」と容疑を認めている。

警察は、介護疲れの可能性も含め、動機を調べている。

FNNニュースより引用

なんともやりきれない事件ですね。

近所の人の話では仲は良かったようですが、何が犯行の引き金になったのでしょうか。

スポンサーリンク



森典子容疑者のプロフィールと顔画像

プロフィール

名前 森典子(もり のりこ)
年齢 71歳
住所 岡山県井原市
職業 無職

森典子容疑者の顔画像はニュース報道では、残念ながら公開されていませんでした。

もしわかりましたら、追記させて頂きます。

また、年齢的にSNS等はやっていなかったようで、Facebookアカウントも調べてみました

が、本人と思われるようなものはみつかりませんでした。

老々介護の悲しい現実とは

現在の日本は、子供の数が少ない上に、お年寄りが増えているため、どうしても老々介護は避

けて通れない現実です。

今回事件のおきた森典子容疑者の家では、デイサービスの職員が死亡している岑生さんを見つ

けたということですから、介護保険は利用していたようですよね。

二人の日常生活がどのようなものかわからないので、何ともいえませんが、夫を浴槽に水没さ

せて殺害するなんて、ほぼ正気ではできませんから、相当精神的に追いつけられていたのかも

しれませんね。

特別養護に入るなり、多少のお金があれば有料老人ホームを使うなり、選択肢は色々あります

が、現実問題として年金くらしの夫婦では、なかなか難しかったのではないかと思われます。

事件の現場

事件がおきたのは、岡山県井原市の自宅です。

こちらが森夫婦が住んでいる自宅の外観です。

出典;FNNニュース

大きくて立派な家ですね。

子供達が大きくなり家をでて、夫婦二人暮らしなのか、もともと夫婦二人なのかその当たりの

家族構成は不明ですが、もし子供さんがいたとしたら、こんな事件になる前に何とかできなか

ったのかと、後悔されるのではないでしょうか。

ネットの反応

介護は本当に大変だよ。仕事だと思っても、何度張り倒したくなったことか。
長寿もいいけど、国がちゃんとフォローしてあげないと。
施設はどこもいっぱい。認知が酷すぎると受け入れてくれない。

どの程度の介護が必要だったのかは判りませんが、先が見えない生活に絶望されたのでしょう。
誰でも年を取ります。明日は我が身です。

老老介護は想像しただけで大変そう。献身的に介護して、なんか切ない結果になってしまったなあ。あわれみをあたえて欲しいとは、まさにこのこと。

何とも痛ましい事件。将来を悲観したんだろうと思います。

安楽死の制度の議論はなぜ進まないんだ いかに死ぬかまで自分で決めるべき時代だろう
介護疲れで悲しい別れはしたくない

近所の人たちが言うように夫婦仲がよくて、良く面倒を見て、介護されていたのが事実なら、なぜこんなことになってしまったのかと思わずにはいられない。

Yahooニュースより引用

まとめ

今のままの日本だと、今後ますます少子化がすすみ、老人が増えるとなると、介護施設もいっ

ぱいで人手不足となり、老々介護は増えてゆく一方でしょう。

介護はとかく一人で抱え込みがちになります。

できるだけ行政サービスを頼り、一人で頑張らないことも大切です。

このような悲しい事件が少しでもへるような社会となることを願いたいですね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする