栗原弘光容疑者の顔画像とFacebookは? 寝た切りの母を足蹴りし死亡させる

出典;NNNニュース

寝たきりの母親を足で蹴ってケガをさせたとして、46歳の息子が逮捕されました。

母親はその後、死亡したそうです。なぜそこまでして母親を蹴ったのでしょうか。詳細を見て

行こうと思います。

スポンサーリンク



事件の詳細

傷害の疑いで逮捕されたのは東京・大田区の無職・栗原弘光容疑者。警視庁によると、栗原容疑者は8日、同居する78歳の母親・けさ子さんを、複数回、足で蹴ってケガをさせた疑いが持たれている。


出典;NNNニュース

9日になって、けさ子さんの体が冷たくなっていることに気付いた栗原容疑者が119番通報したが、病院で死亡が確認された。

出典;NNNニュース

調べに対し、栗原容疑者は「何回か足で踏みつけるように蹴った」と容疑を認めているとい

う。

出典;NNNニュース

けさ子さんは、数日前から寝たきりの状態で、顔や腰などには複数のアザがあったということで、警視庁は日常的な虐待がなかったか調べている。

NNNニュースより引用

それにしてもひどい話ですね。

自分の母親を足で踏むように蹴るなんて・・。まして母親は寝たきり状態だったのに。

母親にしてみれば、息子に足蹴りされて命を落とすとは思ってもいなかったでしょう。

情けなく、悲しいですね。

スポンサーリンク



栗原弘光容疑者の顔画像とFacebookは?

こんな事件を起こした栗原弘光容疑者とはどんな人物なのでしょうか。

栗原弘光容疑者のプロフィール

名前:栗原弘光
年齢:46歳
住所:東京都大田区蒲田
職業:無職

栗原弘光容疑者の顔画像はニュース報道で大きくハッキリと公開されていました。

出典;NNNニュース

なんか、とても46歳とは思えない風貌ですよね。

しかしなぜ46歳で無職なのでしょうか。。そこも謎です。

また、栗原弘光容疑者のFacebooKを調べたところ、本人のものと特定することはできません

でした。

気になる方はこちらで確認してみて下さい。

事件現場

現場は、東京都大田区蒲田、までしかわかっておりません。

そのため、栗原弘光容疑者が母親と暮らしていた自宅などは公開されていません。

わかりましたら、加筆させて頂きます。

暴行した理由

栗原弘光容疑者は、母親を暴行した理由として、

「母が酒を飲もうとしたので蹴った」

産経ニュースより引用

などと話しているそうですが、やりすぎですね。

男性は手で殴るだけでも力が強いのに、まして足で蹴るなんて・・

死んでしまうかもと考えなかったのでしょうか。

まあそんな事を考え付くようなら、今回の事件は起こらなかったのかもしれませんが。

ネットでも様々な意見があるようです。

ネットの反応

まさか、自分が生んだ子供に殺されるとは思わなかったはずの母
最近こうした救いようのない事件ばかり起きる

46で無職かあ。親を介護するため仕事辞めたのか元々無職なのか。
介護疲れもあったと思う。お母さんが言うこと聞かなすぎてイライラする事もあったんじゃないかな。でも、だからって、産んでくれた実の母親を蹴って踏みつけて、殺すのはないと思う。でも、色々とたまるとそうなっちゃうのかな。
今、祖母が寝たきりじゃないけど、歳もあってちょっと同じだから分かるっちゃ分かる。殺すまでしないけど。
難しいなあ。どうしたら良いのか。どうしたら皆がしあわせに暮らせるのか。

私も認知症の母を抱えてるので日頃のストレスは十二分理解できる、が、母は好きでこの病気になった訳じゃないしわざと訳の分からない事を言ってる訳でもない。そこを理解して日々我慢の連続。この事件に憤りを感じるのは私は確かに母をまだ愛してるって事。お母さん、心配しないで。私は決して蹴り殺したりしません。

悪いのは息子だが、このようなことが起こってしまった背景には何があるのか。これからの時代こういう事件が増えそうですよね。

典型的な8050問題
親が70~80歳代、子供が40~50歳代で、子供が無職・働く気がない・親の年金で暮らす・引きこもりなどが原因で事件が起きる可能性が高い
子供が小さい時の親からの教育方法が問題

Yahooニュースより引用

まだ、今回の親子の詳細な生活背景がわかりませんが、息子は母親の介護のため働くことが出

来なかったのか、働く気がなくて無職だったのか、そこでも見方は変わってきます。

いづれにしても、他に兄弟はいなかったのでしょうか。

親ひとり、子ひとりで、外へ働きに出ることもなく、狭い空間で暮らしていたのだとすると

ストレスもたまるでしょうね。

勿論、暴力行為はいけないことです。が、今回の事件は、今の日本が抱える、「少子高齢化社

会」が問題となっているかもしれませんね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする