無資格で離婚調停交渉 岩本達生容疑者の顔画像と犯行手口 実際の離婚調停費用に驚き!

出典:NNNニュース

弁護士資格がないのに離婚調停の交渉を行い、報酬を受け取ったなどとして、福岡市の57歳

の男が逮捕されました。

その犯行手口と実際にかかる費用(驚き!)などについて詳しく見て行きましょう。

スポンサーリンク



事件の概要

警察によると、2016年5月、弁護士ではないのに離婚調停中の女性の交渉などを行い、報酬としておよそ16万円を受け取った疑いが持たれている。

離婚調停中だった女性は、知人を通じて岩本容疑者と知り合いになり、「離婚で不利となる証拠を回収してほしい」と依頼。岩本容疑者は、交渉を行うなどして女性から報酬を受け取ったとみられている。

岩本容疑者は、調停や訴訟などになると別の弁護士を紹介し、この女性を含む3人から、それぞれ数十万円の手数料を受け取っていた疑いも持たれている。

警察の調べに対し、岩本容疑者は「少なくとも4年くらい前からやっていた」などと容疑を認めていて、警察は余罪についても追及する方針。

NNNニュースより引用

被害女性は、知人を通じて岩本容疑者と知り合った、という事ですが、この知人の方は岩本容

疑者が弁護士だと思い込んでいたのでしょうか。。。

離婚調停となると裁判所等へ足を運ばなければならないので、普通は気が重いですよね。

そんな時、もし、知人の紹介で弁護士がいるから頼んでみたらみたいにいわれたら、信じてし

まうかもしれませんね。

スポンサーリンク



岩本容疑者の顔画像

岩本容疑者の顔画像はニュース報道でも大きく公開されていました。

その顔画像がこちらです。

出典;NNNニュース

私などは、弁護士と聞くと、スーツに身を包んでいるイメージですが、こちらの写真は自宅か

ら出てきたところをキャッチされたためかわかりませんが、随分ラフな格好をしております

ね。まあ、相談者と会うときはそれなりの恰好をしていたのかもしれません。

岩本容疑者のFacebookアカウントも調べてみましたが、本人のものと特定することはできま

せんでした。

気になる方はこちらで確認してみてください。

犯行の手口

出典;NNNニュース

弁護士資格をもたずに実際はどのように交渉を行っていたのでしょうか。

残念ながら現段階では詳しい犯行手口などは公表されておりませんが、

報酬としておよそ16万円を受け取った疑い。や、調停や訴訟などになると別の弁護士を紹

介するなど、巧妙な手口で犯行を重ねていたようですね。

詳しいことがわかり次第、また追記させて頂きます。

実際の離婚調停にかかる費用は?

今回の事件では被害者の方は16万円を岩本容疑者に支払ったという事ですが、実際、もし同

じような離婚調停を行った場合、実際はいくらかかるのでしょうか。

「離婚調停」というものを知っていても、申込み方法やかかる費用のことなど何も知らない方が多いと思います。

私もとっても不安でしたが、私が離婚調停で支払った費用は全部で5,380円でした。

離婚調停の申し込みは郵送でも出来るそうですが、費用も含めていろいろ聞きたいことがあったので、私は直接裁判所へ申し込みに行きました。

ドキドキでしたが、その時に「1万円もかからないと思いますよ。」と言われ、拍子抜けしたことを覚えています。

調停費用は、調停を申し込んだ方が支払うみたいです。

現金での支払いはなく、全部収入印紙か切手で支払いました。

シングルマザー情報局より引用

驚きの値段ですよね。

やはり面倒がらず、自分で調べたりすることは大事なんですね。

ただし、これはあくまでも自分で行う場合です。

今回のように弁護士に依頼するとなると費用は

もし弁護士に依頼する場合、弁護士費用として70万〜100万円程はかかると思って良いかと思いますが、もし調停に負けるようなことがあった場合、一概に金は言えませんが財産分与、慰謝料、養育費などを支払う必要も出てきます。

離婚弁護士ナビより引用

かなり高額ですね。相談によってはもっと費用を安く抑えることも可能という事ですが。。

結婚するのも、離婚するのも大変ですね。

今回の事件について他の方はどう感じているのでしょうか。

ネットの反応

家事事件は、弁護士以外にも扱えるようにするべきだと思う。弁護士達の中には家事事件の交渉全般につき、解決能力の無い者達が多く、交渉をこじらせる事が多いと感じます。例え、法律に詳しくても、人間関係をさばく事が出来ない弁護士達が多すぎる。それならば、家庭裁判所の許可を取って弁護士以外でも家事事件を扱えるようにするべきだと思う。

離婚出来たんなら良いんじゃないの?犯罪扱いはおかしい。弁護士自体頼むの高いし価格が適正ではない。だいたい弁護士は法律はプロだが問題の解決はスペシャリストではない。本当の第3者が間にいたほうが問題の解決が早いのなら合法だとは思う。だけど誰が警察に訴えたのかな?捕まったほうはある意味で詐欺にあった気分だよね。

うーん。悪気はなく善意で交渉したのでは・・お礼をもらわなければ良かったのにね。

逮捕されたのは、弁護士の既得権益のため。今は弁護士が食えない時代になったので、誰でも
できる仕事でも、法律に関している仕事という事で弁護士しかできないようにしないとダメなんです。業界の辛い懐事情わかってあげてください。

弁護士バッチ見なかったの?それに今の時代何処の弁護士会に所属してるかホームページで
分かると思うんだけど私も弁護士依頼する時に調べたりしましたよ離婚調停って事は家裁迄行ったって事なのかな

資格ではなく親身に情報集めて対応してくれる人がいい。その人にお礼を払って何が悪い。現状の法律は問題だ。

Yahooニュースより引用

まとめ

失礼ながら弁護士に依頼する場合は、必ず本物かどうか調べた方が良いようですね。

ただ、離婚調停とかなると自分ひとりではとても不安だと思いますので、弁護士に相談だけす

るというのもいいのかな、と思います。

相談だけならそんなに高額にならずにすむと思いますので。

人生色々。何かあったら自分で調べてみるのが大切だと感じました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする