井元孝二容疑者の顔画像 介護施設職員の首を切り付け逮捕 犯行動機は?

出典;NNNニュース

広島県廿日市市の高齢者介護施設で、入居する高齢の男(84歳)が施設職員を刃物で切り付

ける事件が発生しました。

いったいなぜこんな事件を起こしたのでしょうか。

スポンサーリンク



事件の概要

事件があったのは、廿日市市津田の高齢者介護施設「さいきせせらぎ園」。警察によると、午後1時すぎ、施設に入居する男(84)が、男性職員(45)の首を包丁で切り付けた。男性職員は病院に運ばれたが、意識はあるという。

近くのキャンプ場職員「信じられんですね。こんな身近でそんなことが起こるのかと思いますね」

警察は、殺人未遂の疑いで無職の井元孝二容疑者(84)を現行犯逮捕。調べに対して井元容疑者は、「殺そうとして包丁で切り付けたことは間違いありません」と容疑を認めているという。

NNNニュースより引用

切り付けれた男性職員の方は大変な思いをされ、驚かれたことでしょうね。

命に別状がないようなので、その点についてはよかったと思います。

スポンサーリンク



井元孝二容疑者のプロフィールと顔画像

井元孝二容疑者のプロフィール

名前:井元孝二(いもと こうじ)

年齢:84歳

住所:廿日市市津田の高齢者介護施設に入居中

職業:無職

井元孝二容疑者の顔画像

現在までのニュース報道では、残念ながら井元孝二容疑者の顔画像は公開されておりません。

もし公開されましたら、ここで追記させて頂きます。

また年齢的に考えてSNSなどは利用してないのはないでしょうか。

それにしても、介護施設のニュースというと、職員が、入居者に対して暴力を振るうというよ

うなニュースが多いですよね。

今回は逆のパターンですし、また事件を起こした犯人が、施設入居している高齢者であるとい

う点に驚きました。

犯行動機について

井元孝二容疑者は、下記供述のとおり殺意は認めています。

「殺そうとして包丁で切り付けたことは間違いありません」と容疑を認めているという。

NNNニュースより引用

しかし、現在までの報道では動機がわかっていません。

あくまで推測ですが、殺そうと思うくらいですから余程、この男性の普段の言動が気に入らな

かったのでしょうか。

ある介護施設の調査によると、

暴力・暴言を「利用者やその家族から受けた」と回答した人は47.3%と、約5割にのぼる数字になりました。暴力・暴言の具体的な内容としては、「罵声・叱責を浴びせられた」が80.5%、「殴られた」が36.7%でした。

介護のお仕事研究所より引用

中には、「殺すぞ!」と脅す行為を受けた人もいるようです。

利用者からの暴力・暴言を経験している人が約5割とは深刻な数字ですね。

ただでさえ、過酷と言われている介護の現場なのに、この調査結果をみると、さらにそこで働

く人の大変さが見えてきますね。

事件の現場

事件があったのは、廿日市市津田の高齢者介護施設「さいきせせらぎ園」です。

ニュース報道では園の外観が公開されていました。

出典;NNNニュース

ネットの反応

職員が虐待したから、切れたのかな?

猶予が付くか、懲役になるかは分からないけど、もうどこの老人ホームも受け入れてはくれないだろうから、身内が介護もこれだけの気性だと大変だろうな。

温情ですぐに釈放でしょうが、必ず、また同じことをやらかすでしょうね。
意外でしょうが、高齢者は根に持つと認知症になってもしっかりと、それだけは覚えているんですよ。怖いですよぉ。

認知症かなとも思うけど、だとしても包丁で人を傷つける能力があるなら、きちんと償ってほしい。

やってられんわ、この仕事。

介護職員の人権はないのか?安い金で散々な目にあってる。悲しくなるわ。

なぜ施設入居者が刃物を持ってたんでしょう?
家族が置いていったとしたら家族にも非があるし、施設の器具だったら管理に問題がある。
この老人の認知症レベルはどの程度だったんだろう。
精神疾患の有無は?
攻撃性の高い危険な状態だったら医療管理として専門病院受診とか入院を勧めるとか。
鎮静も必要だったかも?

Yahooニュースより引用

まとめ

ただでさえ介護職離れが進んでいる中で、このようなニュースを聞くとますます拍車がかかっ

ってしまうのではないでしょうか。

介護の問題は国レベルでもっと真剣に取り組んで、現場の環境を変えてゆかないと、大変なこ

とになるのではと思います。

入居者への虐待は勿論許されることではありません。

しかし、入居者への暴力や虐待は大きく報道される一方で、入居者から介護職員への暴力・暴

言は、ほとんど話題なりません。

今回のように逆のニュースも大きく取り上げるべきだと感じました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする