検事を女子トイレ盗撮容疑で逮捕 平木伸佳容疑者の顔画像とSNSは?職場での評判は?

神戸地方検察庁の46歳の検事が、庁舎内の女子トイレで女性を盗撮しようとしたとして、兵

庫県の迷惑防止条例違反などの疑いで逮捕されました。呆れた検事ですね。

スポンサーリンク



事件の概要

神戸地検の検事が女子トイレに侵入し、盗撮しようとしたとして逮捕されました。

建造物侵入などの疑いで逮捕されたのは、神戸地検の検事・平木伸佳容疑者(46)です。平木容疑者は去年9月と先月、当時、勤務していた姫路支部別館の女子トイレに侵入して個室内にいた女性を盗撮するため、上からスマートフォンを差し向けた疑いが持たれています。この建物に入るためには鍵が必要で、一般の人は立ち入ることができないということです。神戸地検は、平木容疑者の認否を明らかにしていません。

テレ朝ニュースより引用

出典;ANNニュース

犯罪を取り調べる立場の人が盗撮という行為をしようとしたというのが、驚きですね。

検事という職業を選らぶ位なのだから、理性もあり、法律の知識もある人だと思います。

その立場にいる人がなんでこんな事件を起こしてしまうのか、理解に苦しみます。

平木伸佳容疑者の顔画像とSNSは?

現在平木伸佳容疑者の顔画像は公開されていないようです。

平木伸佳容疑者のSNSは、同姓同名のアカウントがありましたが、本人のアカウントと特定で

きるものではありませんでした。

よく考えてみれば、検事という立場の人なら、フェイスブックとかツイッターなどはやらない

かもしれませんよね。

スポンサーリンク



職場での評判

出典;ANNニュース

出典;ANNニュース

検事という仕事はどんな仕事をしているのか調べてみました。

検事とは、法律に違反した人を取り調べ、起訴をするかどうかの判断を下し、事件についての立証を行う仕事です。

もう少し説明すると、検察官は刑事事件について捜査及び起訴、不起訴の判断を行い、起訴が相当だと思えば裁判所に法の正当な適用を請求し、裁判の執行を指揮監督します。

キャリアガーデンより引用

平木容疑者は2007年に検事に任官し、事件当時は姫路支部に勤務し公判を担当していたの

だとか。問題が発覚してから、地検本庁の総務部付に異動しているようです。

地検関係者によると、仕事上で特に問題はなかったということです。

神戸地方検察庁の永幡無二雄次席検事は「刑事事件の捜査や公判を担当する検事を逮捕せざるを得ない事態になり誠に遺憾だ。県民、国民のみなさまに深くおわびする」とコメントしています。

NHKニュースWEBより引用

ほんと、一緒に仕事している仲間も驚いたでしょうね。

こんな事件を起こしたらどうなるかくらい、十分すぎるほどわかっている立場の人なのに

残念です。もし、今回が初めてでないとすると、余罪もでてくるかもしれません。

そうなると、地検全体の問題ともなりかねません。

そうなったときの事の重大さを本人はどのように考えているのでしょうか。

ネットの反応

犯罪を取り調べ刑事訴追する検察官が盗撮しようとしたというのは、 なんとも理解しがたい事件である。自らだって迷惑防止条例違反の被疑者を取り調べた経験があるかもしれず、結局明るみになることはわかっていただろうと思われる。検察庁も頭を抱えているのではなかろうか

変態検事を雇っていた神戸痴検(笑)

検察が建造物侵入や迷防条例違反の被疑者を自ら逮捕するのはかなり珍しいはず。検察の庁舎内で犯罪が行われたからこそだな。

一生を棒にふるパターン色々有るがこの手のパターンが最悪!

Yahooニュースより引用

せっかく努力して得た職業・地位なのに、自らの手で潰してしまいましたね。

検事を志していた頃はどんな気持ちで頑張っていたのでしょうか。

どんなに社会的地位がある人でも、一度失った信用を取り戻すことは、ものすごく大変なこと

なのに・・・。

本人は自分でした事だから仕方ないにしても、こういった事件の時、ご家族が(46歳なので

おそらくご家族がいるのではないかと思われます。)本当にお気の毒です。

自分の引き起こしたことで、家族の人生まで変わってしまう可能性だってあるワケですから。

まあ、そこまで考えていたら、このような事件は起こさないと思いますが。

今後このような検事が出ない事を願いたいものです。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする