船戸雄大容疑者の顔画像は?5歳女児の顔を殴り死亡させた疑いで父親逮捕

またもや幼い子供が親の暴力により死亡するというなんともやりきれない事件がありました。

なぜ子供に対してそこまでの暴力を奮ってしまうのでしょうか。。

スポンサーリンク



事件の概要

東京・目黒区で、5歳の長女を殴りケガをさせたとして、33歳の父親が逮捕された。長女はその後、死亡した。

無職の船戸雄大容疑者は、先月下旬ごろ、目黒区の自宅アパートで5歳の長女・結愛ちゃんの顔を殴るなどしてケガをさせたとして逮捕された。2日になって結愛ちゃんが息をしていないことに妻が気づき、船戸容疑者が119番通報したが、病院で死亡が確認された。

結愛ちゃんの両目のまわりには打撲の痕があり、船戸容疑者は、「言うことを聞かなかったので、4~5日前に顔面を殴った」と容疑を認めているという。

結愛ちゃんは、船戸容疑者の妻の連れ子だった。

日テレニュース24より引用

船戸雄大容疑者は「風呂場で殴った」と言っているそうですが、陰湿ですね。

言うことを聞かないから=殴るというのもあまりも短絡的ですし、暴力を奮って、子供を従わ

せるのはしつけとは言わないと思います。

スポンサーリンク



船戸雄大容疑者の顔画像は?

船戸容疑者の顔画像を調べましたが、現在公開されてないようですね。

また、SNSのアカウントなども本人のもと特定できるものはみつかりませんでした。

虐待は日常的?

近所の人は「女の子を見た時に、顔色も血の気がないというか、完全に土の色みたいになっていて」と話した。

FNNニュースより引用

結愛ちゃんが病院に搬送される様子を見ていた、現場近くに住む30代の男性は「救急車が来て、何事かと思って見ていたら女の子がストレッチャーに乗せられて運ばれていた。顔は血の気がなく、土色で、手足はガリガリだった。気付いてあげられなかったことを後悔しているが、これまで子どもを外で遊ばせている様子が全くなかった」と話していました。

近所の70代の男性は船戸容疑者について「ことしの1月下旬に引っ越しのあいさつに来たが、感じのよい人で、子どもがこの春から小学校に入学すると話していただけに驚いている。ただ、これまで娘の姿を見たことはなかった」と話していました。

NHKニュースWEBより引用

上記の話のとおりだとすれば、母親は何をしていたのでしょうか。

船戸容疑者の妻は「殴っているところを見たことがない」と話しているそうですが、自分の子

供が顔にあざをつくり、食欲もなくて、ガリガリだとしたら、普通だったらまず母親がその異

常さに気づきますよね。

結愛ちゃんは、父親が怖くて母親に告げ口できなかったのかもしれません。

だからこそ余計に、母親が子供の様子をきちんと見て、守ってあげないといけないと思います

甘えたい年頃の子供が親に甘えることもできなかったのかと思うと可哀想でなりません。

事件現場

出典;FNNニュース

出典;bing.com/maps

ネットの反応

こういうニュースはもうたくさん。司法が厳しくならなければ今後も被害に遭う子供は出てくる。

死ぬほど殴られて亡くなった女の子が可哀想すぎる。どうして、ろくでなしの男を見極められない。無職だし。幸せになる為に再婚したんじゃないの?
5歳ってまだまだこれから親からたくさんの愛情を注がれて成長していくんだよ?やり切れない。極刑でしょ!

無職ね。
こんな事件ばかりでシングルマザーは男を見る目がないのに男がいないと生きていけない人が多いのかと思ってしまう。犠牲になるのは子供だけ。

子供に対する犯罪の処罰は重くすべき、子供は国の宝。法の改正を求めます

Yahooニュースより引用

今年の春には小学生になるはずだった結愛ちゃん。

これから沢山のことを学び、将来の夢などもあったでしょう。

それにしてもしつけと称して暴力を奮う若い親が多すぎると思います。

何度も言いますが、暴力はしつけではありません。暴力は犯罪です。

こうした悲惨な事件が繰り返されないよう、子供のSOSを早く発見できるような体制が整うこ

とを願うばかりです。

結愛ちゃんのご冥福をお祈りします。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする