藤田ニコル‘おバカキャラ‘卒業? 的を得た発言にネットの反応も感心

藤田ニコルさんといえば、見た目が派手で失礼ながら、‘おバカキャラ‘に見られることが多か

ったですよね。それが最近変わってきているようです・・。

スポンサーリンク



藤田ニコルプロフィール

出典;モデルプレス

名  前:藤田ニコル

生年月日:1998年2月20日 (19歳)

出身地 :ニュージーランド

身  長: 167 cm

父親はロシアとポーランドのハーフ、母親は日本人。

3才までニュージーランドで育つ。両親の離婚により埼玉県に移り住む。

母親は藤田さんを育てるため、日夜休みなく働いたが、冷暖房もままならない貧困生活

そんな母親を助けるため、モデルを志す。

2009年にローティーン向けファッション雑誌「二コラ」の第13回二コラモデルオーデション

に応募。グランプリの5人に選ばれ、専属モデルとなる。

モデルとなってもあまり活躍する場がなく、中学時代はいじめに会ったこともあるそう。

その後「ポップティーン」のモデルを経て、2015年「めざましテレビ」のイマドキガールを務める。

2017年8月『ポップティーン』モデルを卒業。その後「ViVi」専属モデルとなる。

スポンサーリンク



的を得た発言の数々

出典;WOMAN

最近急に大人っぽくなったといわれる藤田さんですが、先日の「サンデー・ジャポン」

「ゴキブリ店主がゴキブリ入り料理出す」「店にはネズミの死骸やゴキブリ」など・・、と

飲食店をコミュニティーサイトで誹謗中傷した石川県加賀市の市議のことが話題になりまし

た。

この件でコメントを求められた藤田さんは “幼稚な書き込み” とした上で、

「私も、ネットとツイッターに書くのは中2で終わっているんですよ。中2までですよ、それやっていいのは」

と一刀両断に切って捨てた。

また過去にバラエティ番組「フルタチさん」に出演した時、「女性は今、何に怒っているの

か?」というテーマに対して

「(大人から)最近の若い子は…って言われるじゃないですか」「それが1番ムカつきますね」とし「昔と今の考え、全然違いますからね。昔の自分たちが教わったものが当たり前だと大人は思っているけど、時代はどんどん変わってくるしこっち(若者)の当たり前もあるから、そっち(大人)の当たり前は知らない」

と持論を展開。

「見た目で人を判断する大人が多いのが1番ムカつくかな」と語り「たまに共演者の人がそういう感じ(見た目で判断した態度)で来ると、そうやって(大人から奇抜な感じに)見られているから、そのノリで(キャラを演じて反応を)返したりします。ちょっと無理して返す時もある」

と笑顔で語った。

私たちは、人を外見で判断してはいけない、と教えられているのに、気づかないうちにそうい

う目でみたり、勝手に判断してしまっているのかもしれませんね。

ネットの反応

出典;ましろんせぶん

にこるんのこういうところすごい好きだわ。バカっぽくみえるけど結構考え方とかしっかりしてるし。

正論ですね。 時代と共に常識や価値観も変化している。 それを認めず、若者(現在)にレッテルを貼って否定する人間は実に愚かだと思います。

しかし反論もあります。

確かに、うちらにとって当たり前が、今は通じない事ってたくさんあるけど、時代を超えて変わらない「常識」ってモンもあることは忘れちゃダメだお

言ってる事は理解出来るが、年寄りの都合を知らないと言うなら、それは自分が否定して怒ってる事を自分でやってる事にはならないのかね?良く自分の言葉を聞き返してみた方がいいよ?

とまあ、賛否両論です。

まあ、受け止め方も人それぞれなので、仕方ないですが。

藤田さんは一見何の苦労もなく育ったように見えますが、3才で両親が離婚。

その後母親が再婚するも、また離婚。

その後母親の恋人が3回も入れ変わるという複雑な家庭環境で育ったそう。

貧困も経験しているため、ハングリー精神も物凄くあるのだとか。

今の華やかな生活もそんな過去が頑張りの原動力となっているのかも知れません。

今までのキャラを卒業した今後の藤田さんの活躍を期待したいですね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする