平塚強盗殺人の斉藤義伎容疑者と河島楓容疑者のつながりは「闇サイト」二人の顔画像は?

昨年2月に80代の女性が首を絞められ殺された事件。

キッカケはインターネットの「闇サイト」の存在。またもネットの闇の繋がりが生んだ悲惨な

事件ですね。

スポンサーリンク



事件の概要

去年2月、神奈川県平塚市の住宅で、1人暮らしの鳥海※廣子さん(80)を殺害しバッグなどを奪ったとして、東京・大田区の元消防士で塗装工の斉藤義伎容疑者(23)と奈良県香芝市のアルバイト、河島楓容疑者(22)が先月、強盗殺人などの疑いで逮捕されました。

2人は鳥海さんと面識はありませんでしたが、その後の調べで、斉藤容疑者と河島容疑者は犯罪や違法行為などに誘う、インターネットのいわゆる「闇サイト」の求人募集の書き込みをきっかけに知り合った疑いがあることが捜査関係者への取材でわかりました。

また、斉藤容疑者は、事件の前にネット上のサイトで鳥海さんの知人とも知り合い、1人暮らしだった鳥海さんの生活環境など何らかの情報を得ていたと見られています。

NHK NEWSWEBより引用

さらに

斉藤容疑者は、この事件の10日ほど前にも、市内の別の住宅に押し入り、74歳の男性を殴るなどしてけがをさせたうえ、現金およそ38万円やキャッシュカードなどを奪ったとして、再逮捕されました。

TBSNEWSより引用

2人は、事件の数日前、インターネットの「闇サイト」の求人募集の書き込みをきっかけに知り合った疑いがあるようです。見ず知らずの名前も知らない相手と強盗殺人をしようと思う心こそ、闇ですね。

スポンサーリンク



斉藤義伎容疑者と河島楓容疑者の顔画像やSNSについて

二人の容疑者の顔画像はニュースでも公開されていますね。

斉藤義伎容疑者

出典;iza

出典;テレビ神奈川

河島楓容疑者だけを大きく扱った顔画像は見つかりませんでした。

また斉藤義伎容疑者や河島楓容疑者のFacebookのアカウントなどはみつかりませんでした。

Twitterでは、報道された斎藤容疑者の写真と同じ名前のアカウントはありましたが、本人だと

特定することはできませんでした。気になる方はこちらを見てみてください。

Twitter検索結果のアカウントはこちら

事件の現場

出典;TBSNEWS

それにしても、70代の男性の方は、宅配便の配達を装って来たところを押し入られたという

のですから、怖いですね。

ネットの反応

日本も危険な国になってきたから武器を所持して、自分の身は自分で守れるようにするべきです。警察に期待したいが、人数が少ない上犯罪が多い。刑法も重く設定して、再犯者の管理も強化することが必要。善人が住みにくい世の中は政府の統治能力を疑ってしまいます。

こういうサイトがのさばられると

「高齢者の一人暮らし」も大変ですね。

高齢者、特に女性の殺害は特別に重罪にすべきだと思う
無力なものへの思いやりがなくなったら社会などすごくもろいです

Yahooニュースより引用

今回の事件で思い出したのは、やはりインターネットの「闇サイト」で知り合った3人の男が

31歳の女性を無理やり連れ去り、殺害したた事件。

逮捕された男3人は携帯電話の「闇サイト」の掲示板で仲間を募る書き込みを見て知り合い、

初めて顔を合わせてから数日後に事件を起こしていました。

家族の無念さは計り知れないものでしょう。

こんな凶悪な事件を起こすきっかけとなる、「闇サイト」。

今回のような事件が今後起きないように、なんとか対策を立ててほしいと思います。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする