カルピスのものすご~い秘密

白地に水玉模様のどこか涼しげなパッケージのカルピス。子供の頃、夏の暑い日に飲むのが楽

しみでした。そのカルピスには実はすごい秘密があるんです。。

スポンサーリンク



カルピス菌はすごい!

出典;乳酸菌の詳しいお話

カルピスの乳酸菌は殺菌タイプですが、その力はすごく、様々な健康に役立つ効果効能があります。

例えば、感染症・腫瘍・循環器疾患の予防、花粉症、アレルギー性鼻炎、アトピー、美肌、美

白、睡眠導入、血圧降下、整腸、便秘改善、更にはインフルエンザにまで効果があるそうで

す。

ただ注意してほしいのは、いくら体に良いからと言って飲みすぎは良くありません。カルピス

はけっこう甘いので糖分が気になりますね。

他の飲み物と比べると

  • カルピスウォーター 66g(角砂糖18個)
  • ファンタ 60g(角砂糖16個)
  • ポカリスエット 33.5g(角砂糖9個)
  • アクエリアス 23.0g(角砂糖6個)
  • コカ・コーラ  55.0g(角砂糖15個)
  • Qooオレンジ 55.0g(角砂糖15個)

いかにも糖分が多そうなコカ・コーラやファンタを抜いて、カルピスウォーターが1位という

のは少し驚きですね。

まあ、糖分の取りすぎはやはりよくないので、気をつけたいところです。

しかしどうしてもカルピスを飲みたい人は、濃度を薄くして飲んだり、カロリーを控えたも

の、あるいはカロリーゼロ、というのを利用してみえてはいかがでしょうか。

またゼリーにしたり、牛乳とまぜてシャーベットにしたりすれば、甘さも抑えられ、違った味

わいを楽しむことが出来ます。

スポンサーリンク



貴重なカルピス菌

     出典;乳酸菌のチカラ

カルピスは日本で作られた最初の乳酸菌飲料で、もう100年近い歴史があります。

カルピスの誕生は三島海雲という人がモンゴルを旅した時体調を崩し、その時現地で飲まれて

いた酸っぱい乳(発酵乳)を飲んで体調が回復したそう。

その時「発酵乳はすごい」ということで発明されたといわれています。

カルピス菌は偶然発見されたもので、世界中探しても同じものを見つけるのはほぼ不可能なん

だとか。

なので、今あるカルピス菌がなくなってしまうと、二度とカルピスが飲めなくなってしまう

いう訳。それくらい貴重なものなんですね。

また、カルピスを作る過程でできる「カルピスバター」はカルピス40本分の牛乳からたった

1個(450グラム)しかできないので、幻のバターと呼ばれているそうです。

乳酸菌で元気に!

出典;レシピブログ

カルピスはいろいろアレンジが効きます。

例えばコーラと割って飲んだり、オランジーナの炭酸で割ったり、豆乳とベリージャムをまぜ

たりと、自分なりのオリジナルドリンクで楽しめると思います。

「100年続くには訳がある」というように良いものは、理屈なしにいいんですね。

暑い夏、皆さんもカルピスで爽やかなひと時を!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする