あなどるなかれ!「毛細血管」大病を防ぎ、アンチエイジングにも・・

毛細血管という言葉は誰もが耳にしたことがあると思います。しかし毛細血管のありがたみを

感じる人は稀でしょう。なんとなく体の具合が悪いと感じるのも、もしかしたら毛細血管の元

気のなさが原因かもしれません・・・??

スポンサーリンク



全身を網羅する「毛細血管」の スゴい力

出典;サライ

毛細血管は名前のとおり、髪の毛よりも細い血管で、全身に張り巡らされています。

この毛細血管のおかげで、私たちの細胞のひとつひとつが活動できるのです。

以下に挙げるさまざまな体の不調や変化のうち、あなたに当てはまるものはいくつあるでしょうか?

□顔色が悪い
□シミ、シワ、毛穴の開き、たるみ、くすみなどが目立つ
□髪が細くなった、薄くなった、白髪が増えた
□顔や脚などに細い血管が浮き出ているところがある
□傷や腫れが治りにくくなった
□疲れやすく、疲れが抜けない
□胃もたれ、胸ヤケ、胃腸の調子が悪い
□便秘、下痢、またはその両方を繰り返す
□便やおならが臭い
□風邪を引きやすい
□花粉症、アレルギー体質
□不安、イライラなどストレスが多い
□寝つき・寝起きが悪く、眠気が抜けない
□血圧が高め、または高血圧
□冷え性
□汗っかき
□頭痛、首・肩のコリが気になる
□物忘れが多く、集中力が低下した
□目が乾く
□口が渇く
□鼻血が出る
□口臭が気になる
□脈が乱れる
□めまいや立ちくらみがある

実は、これらの24の諸症状はすべて毛細血管がかかわっているのです。上記チェックリストで当てはまる項目が多ければ多いほど、あなたの毛細血管は元気ではない状態だと考えられます。

私は、残念ながら8個もあてはまりました。。

私たちの身体の中にある細胞は毛細血管を通して栄養を取り込み、そして老廃物を排出しま

す。そのため、毛細血管を元気にすることが、アンチエイジングにも大病を防ぐことにもつな

がるのです。

しかし毛細血管は年齢と共に減ってゆき、60~70代の人は20代に比べて、毛細血管が4

割も減少してしまうそうです。

出典;ガッテン

毛細血管の働きは実に様々で、皮膚で減れば、シミ・シワなどお肌のトラブルの一因になり、

肝臓や肺などの臓器で減れば、内臓機能低下、脳で減れば認知症などを引き起こす可能性もあ

ります。毛細血管の劣化、侮ってはいけません!

スポンサーリンク



毛細血管のケア

毛細血管の機能をどんどん低下させるのか、健康に保つのかは、ちょっとした日常生活の過ご

し方で変わります。早めに毛細血管のケアをして、いつまでも元気で過ごしたいですよね。

毛細血管を元気にするカギは「ふくらはぎ」です。ふくらはぎは「第2の心臓」とも言われ、

ここをマッサージするだけでも血行が良くなりますが、もっと簡単な方法があります。

「かかとを上下する」方法です。かかとを上下するだけで血流がアップし、全身の血液の流れ

もよくなります。また、40度ぐらいのぬるめのお湯にゆっくり浸かるのも効果的です。簡単な

ので是非やってみてくださいね。

毛細血管を増やそう!

毛細血管を増やす食べ物は「シナモン」です。ただし取りすぎは禁物。シナモントーストにし

たり、コーヒーに少し入れたり、ヨーグルトにかけて食べる、位でOKです。

出典;健美ステーション

飲み物としては「ルイボスティー」がおすすめです。ルイボスティーは抗酸化成分も多いので

アンチエイジングにも効果的なので、試してみたいですね。

逆に減らしてしまう原因は、ストレス、食生活の乱れ(糖質の過剰摂取)、たばこ、紫外線に

よる炎症、老化、運動不足など、様々です。

血管が減ってしまうなんて考えたこともなかったけど、ケアしないとどんどん劣化してしまう

んですね。病気を防ぐためにも、毛細血管を強化して、健康で元気に年齢を重ねたいものです

ね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする