弁護士・東正人容疑者の顔画像 「半グレ」の示談書を強要し逮捕 「半グレ」とは?

出典;TBSニュース

インターネットカジノ店から数十万円を奪う強盗事件を起こし、報復として監禁され、暴行を

受けていた20代の男性に、「半グレ」の示談書に署名させたとして、弁護士の男らが逮捕さ

れました。

「半グレ」という言葉も聞きなれないですよね。詳しく見て行きましょう。

スポンサーリンク



事件の概要

強要の疑いで逮捕されたのは、大阪弁護士会所属の弁護士・東正人容疑者(50)と自動車販売業・中城則幸容疑者(42)ら4人です。

警察によりますと、東容疑者らは今年4月、大阪市北区の事務所に中城容疑者らから暴行され連れて来られた20代の男性に対し、損害賠償や慰謝料として現金5000万円を支払うように求め、「サインせえへんかったら、わかっとるやろ」などと脅迫して、示談書に署名させた疑いが持たれています。

警察の調べに対し、東容疑者は「暴行を受けて怖がっている男性に対し、示談書を書かせたことは間違いない」と容疑を認め、中城容疑者も容疑を認めているということです。

TBSニュースより引用

弁護士はもっと常識ある判断をする人だと思っていましたが、今回のケースのように悪事に加

担する人もいるのですね。

法律に詳しいだけに理詰めで来られたり、脅かされたら、怖いですね。

スポンサーリンク



東正人容疑者のプロフィールと顔画像

東正人容疑者のプロフィールはこちらです。

東 正人

年齢:50歳

男性

大阪

31454

東正人容疑者の顔画像

東正人容疑者の顔画像は残念ながらニュース報道では公開されていませんでした。

そこで、東正人容疑者は大嶋法律事務所と東正人法律事務所に所属しているようなので、事務

所のHPを確認しましたが、他の弁護士の顔写真は掲載されていましたが、東正人容疑者の顔写

真は公開されていませんでした。

わかり次第加筆させて頂きます。

また、Facebookアカウントも調べてみましたが、本人のものと思われるものは確認できませ

んでした。

事件の発端は?

なぜ20代の男性は、暴力団関係者らに監禁され暴行を受けていたのでしょうか。

事件の発端は、

男性は監禁直前、中城容疑者らが縄張りにしていた違法ゲーム賭博店に強盗に入り、

店から数十万円を奪う強盗事件を起こし、報復として監禁され、暴行を受けていたようです。

その後、中城容疑者が東容疑者に依頼し、男性あての示談書を作ってもらう。

東容疑者は報酬として数万円受け取る。という流れができていたようですね。

中城容疑者は、警察が警戒している「半グレ集団」のリーダーで、警察からマークされていた

ようです。

半グレ」とは?

「半グレ」という言葉を初めて使用したのは、暴力団に詳しいジャーナリスト・溝口敦さんと

言われているようです。

溝口さんが書かれた著書、『ヤクザ崩壊』の中で下記のように命名されたようですね。

“暴力団の陰で新興の組織犯罪集団が勃興している。彼らに対する公的な呼称はまだなく、本書では「半グレ集団」と呼ぶことにする。「半グレ」とは彼らが堅気とヤクザとの中間的な存在であること、また「グレ」はぐれている、愚連隊のグレであり、黒でも白でもない中間的な灰色のグレーでもあり、グレーゾーンのグレーでもある。”

(2011年・『ヤクザ崩壊 侵食される六代目山口組』)

ウィキペディアより引用

今回初めて聞いた言葉ですが、暴力団とまた違って怖い集団にようですね。

事件の現場

事件は大阪市北区の東容疑者の事務所ということです。

またニュース報道でも現場が公開されていました。それがこちらです。

出典;TBSニュース

ネットの反応

金のためなら暴力団とも連むとは弁護士として以前に人としておかしい。こんなのが司法に携わるとは。笑っちゃいますね。日弁連はどう考えてるんですかね?もちろん資格は剥奪されますよね?ホント警察といい弁護士といい、日本の司法もオワコンですか。

今は悪徳弁護士だらけ
全国の弁護士会の懲戒処分一覧見ると驚くぞ
もっと驚くのは処分が大甘で平然と業務を続けてる奴ばかり
依頼するときは弁護士No確認して懲戒履歴調べた方がいい

違法カジノ店から強奪する奴も結構ヤバイ奴なんやろなぁ

犯人も被害者も同類ですか…

弁護士が法律を犯したら罪を深くすべきだと思うけどね。知識があるだけに悪質だと思う。
また、ある程度は大阪弁護士会も連帯責任が必要だと思う。

どっちもどっちだな。ワルはお互いにやりあって自滅していってくれ。

Yahooニュースより引用

暴力団だけでも怖いのに、今回初めて知った「半グレ集団」も怖いですね。

警察庁などではすでに実態解明を企図した取り組みが始まっているそうです。

怪しげな、怖い所へは近づかないように注意しましょう。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする